« ラヂオ・ドラマ | Main | ドンカマ »

September 13, 2004

吉原すみれ

FMで『現代の音楽』という番組があって、かつては日曜の夜に放送していた(現在は日曜の18:00)。クラシックの現代音楽というと言葉に矛盾があるが、所謂Serious Music(この言い方やLight Musicという言い方にも抵抗はあるがここでは本題でないので割愛)の現代の作曲家による作品を毎週主にライブ録音を主体に放送している。俗に言う現代音楽は「難解」というイメージが先行していて、事実決して心の準備なしに聴きやすい類の音楽ではないのでなかなか聴く機会がない。私はリムスキー=コルサコフなどのきらびやかな編曲による近世のクラシックから辿って現代音楽をかじりはじめたクチなので、なかなか聴くことができないいろんな作品を耳にできる貴重な番組だった。

この番組をエア・チェックしているうちに知った名前が吉原すみれである。夫の山口恭範と共に、打楽器が必要な曲や打楽器独奏の曲ではかなりの曲に参加していた記憶がある。手元のカセットを見ても武満徹やクセナキスなどの作品には必ずと言っていいほど入っている。近代以降クラシックでは鍵盤打楽器を含めて打楽器の種類と用途が著しく広がっているが、いろんな意味で新鮮な世界だった。当時カメラータ・トウキョウから出たレコード『吉原すみれ・打楽器の世界』が田舎のレコード店にはなかったので、注文して取り寄せた覚えがある。

今年、吉原すみれは山口恭範と共に朝日現代音楽賞を受賞したとのこと。武満徹の曲などを演奏した昨年の演奏活動と、長年にわたり現代音楽を取り上げて来たことが受賞理由だそうだ。今後とも現代音楽の地平を開いて後進を育ててほしいものである。

|

« ラヂオ・ドラマ | Main | ドンカマ »

Comments

はじめまして☆みいそらと申します♪
トラバして頂きありがとうございました(≧▽≦)
打楽器、もとい駄楽器プレイヤーさんなのですね!
ステキ!パーカッションは一番苦手で一番憧れ!
また遊びに来ます!

Posted by: miisora | September 22, 2004 at 13:18

>みいそらさま

ご訪問、ありがとうございます。
私もみいそらさんが書いておられるように、「『クラシック音楽』っていうことに妙な違和感がある」んですよ。ミュー・ミュージックやニュー・ウェーブもナニだと思いましたし。
また遊びにいらしてくださいね。

Posted by: サンタパパ | September 22, 2004 at 22:51

吉原さんの記事にTBさせていただきました。
私も相当昔に、テレビで何度か演奏シーン見ました。やはり現代曲。
2度pingが行ってしまいました。誠にすみません。消してください。

Posted by: yoyogi39 | September 24, 2004 at 20:02

>yoyogi39さま

はじめまして。トラック・バックしていただきまして、どうもありがとうございます。

吉原すみれの演奏は本当にすごいとしか言いようがないのですが、もっともっと多くの人に知ってほしいなあと思ってます。打楽器の場合は他のオーケストラ系の楽器に比べて、生で目の前で見ると演奏のダイナミックさがより伝わってきますよね。

Posted by: サンタパパ | September 25, 2004 at 00:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/1423872

Listed below are links to weblogs that reference 吉原すみれ:

» 吉原すみれ さんの演奏 [代々木よもやま]
吉原すみれさんの演奏、聴きました。 といっても、2002年のパーカッションフェスティバルの時です。 毎年開催されていますが、2002年は、中央で力強くマ... [Read More]

Tracked on September 24, 2004 at 19:45

« ラヂオ・ドラマ | Main | ドンカマ »