Main | ラヂオ・ドラマ »

September 11, 2004

ビブラ・スラップ Vibra Slap

vs2.jpg

名前だけ聞くと「なあに?」と訊かれるけど、音を聞くと「ああ!あれ!」と答える人が多い楽器。そう、「与作」とか「水戸黄門」とか「カァ~~~!」とか呼ばれることが多い不遇の楽器、それがビブラ・スラップだ。

ビブラ・スラップの原型はキューバのキハーダ(quijada)で、これがなんとロバの下アゴの骨で作られている代物。実物を見たことがあるが、動物の骨だけにちょっと気味が悪い。夜なんか漂白した白さが浮かび上がるだけになおさらなのだ。このアゴ骨を叩くとアゴ骨についた歯が揺れてぶつかって音を出すという、まさに「手ェ入れて奥歯ガタガタいわせたる」を地でいく楽器なのだ。ただし骨だけにあまり乱暴に叩くとすぐに壊れてしまう。そこで近代になって代用として開発されたのが、このビブラ・スラップという訳なのだそうだ。

しかし、このビブラ・スラップという名前、ほとんど「タタクトユレ~ル」みたいなネーミングですな。分かりやすいといえば分かりやすいんだけれど。

このビブラ・スラップ、特徴的な音がして密かに時代劇の効果音などに使われてるだけあって、パーカッションを初めて見る人にやたら人気が高い。コンガ、ソリッド・バー・チャイムと並んで「触りたい楽器No.1」の座を争っているぐらいだ(当blog調べ)。カバンからいきなり取り出して見せたら、クラスの人気者になることはうけあい。某バンドでは「バンド名をビブラ・スラッパーズにしよう」とまで言い出す人が出てくる始末だし。

サスティンが長いためにリズムを刻む楽器として使われることは少なく、ここ一発に命をかける的な使い方が多い。一説には1日に5回までしか叩いてはいけないという噂もあり、「ビブラ・スラップも3度まで」ということわざもあるそうだ。それだけにその数少ない場面で外すと強大なダメージをうけることがある。ただし、まれにエディ・パルミエリの曲みたいに数小節に1回叩き倒すような曲も存在するので世間は侮れないものだ。

ちなみにSOCKSの『赤白パンダが木に登る』の中でこのビブラ・スラップが使用されているが、長いサスティンを自然に減衰させるためにマイクから徐々に離して調整している。

|

Main | ラヂオ・ドラマ »

Comments

はじめてコメントさせていただきます。
やっぱりうちでも「カァーー」って呼んでました。
一日に5回までですか…
きっと触ったら狂ったように叩いてしまいそうです(笑
しかし、いろんな打楽器があるものなのですね!

Posted by: バビゾ | October 21, 2004 at 21:54

>バビゾさま

おおお!このようなあばら家へようこそおいでくださいました。さささ、お茶でもどうぞ。
よくゲストでバンドなんかに行くと、みんなビブラスラップに触りたがって練習になりません(笑)。
打楽器紹介ではぼちぼちウケを狙った楽器(^^;も紹介していきますので、よかったらぼちぼち見にこられてください。

Posted by: サンタパパ | October 21, 2004 at 23:39

マンガウルフ氏の「あなたのブログの"第一回”記事募集!~過去の自分に手紙でもかこう【感謝の追記アリ】」への参加ということでコメントしますが、わずか3ヶ月未満じゃ変わりませんな(^^;。まあ、第一回に「ビブラスラップ」を選ぶところがサンタパパらしいというか(^^;。
とりあえず当初一番懸念されていた3日坊主でなかったのは、ほめてあげましょう(^^;。なんかもっと面白い記事、書いてくださいな(無責任(^^;)。

Posted by: サンタパパ | November 29, 2004 at 23:07

この記事はとてもとても覚えていますよ。

「ビブラスラップ」!
僕は吹奏楽部でパーカッションだったので、経験があるのですが、「やらせてみて」と言われる打楽器のベスト3に入るのではないでしょうか?
で、「最初は面白かったものの、すぐ飽きられる打楽器」のベスト3にも入ってそう(笑)。

僕は音楽のことについてはよくわからないのですが、これからも頑張ってください。

とかいいつつ、新曲をネットで公開しようと思いMTRを衝動買いしました。
カセットテープの4トラを使っていた僕の大学時代から考えても進化しましたよねぇ。
リズムシーケンスやら各種エフェクトやらがついてて、しかも8トラでデジタルで…。
そして値段が3万ちょいだっていうんですから…。
いい時代です。

Posted by: マンガウルフ | November 30, 2004 at 05:22

サンタパパさん、こんばんは。
ベース@ビブラスラッパーズです(笑)
別件でトラバっていただきましてありがとうございました。
親戚がボサノバ方面で頑張っておりまして、
小生もちょっと興味を持ち始めた所です。

まあ、健康、長生きのためにはビブラスラップは、
叩きすぎないように、お願い致します。

Posted by: aki55555 | December 01, 2004 at 21:24

>マンガウルフさま

どうも、いつもお世話になっています。私がblogを作るきっかけは、「マンガウルフさまに2度薦められて」ですので感謝しています。阪神blogでなくてすみません(^^;。

しかし、
「僕は吹奏楽部でパーカッションだったので、」
「僕は音楽のことについてはよくわからないのですが」
「新曲をネットで公開しようと思いMTRを衝動買いしました」
ってサンドイッチ状態、どこから突っ込んでいいのやら(^^;。

しかし、本当にいい時代になりましたねえ。「シンセサイザー・クロニクル [6]」に写真が載ってるRoland Vs-880って8トラックのデジタル録音だけなのに、20万したんすよ(涙)。今も家にあるFostexの8tラックのオープン・リールも20万だったんっすよ(涙)。 

Posted by: サンタパパ | December 01, 2004 at 22:28

>aki55555さま

うわっ、aki55555さまじゃないですか(笑)。どうも変なblogにご訪問ありがとうございます。日ごろお箸さんバンドの練習に行けてないので(汗)、結構どんなのを聴いてるかとわからないと思いますが、こういう一面もあります(^^;。

でもバンド名がビブラスラッパーズにならなくて安心しました(^^;。ここ1ヶ月はビブラスラップを叩いていません(イバリッ)。

ボサ・ノバはぜひどんどん深みにはまってください。私にとっては至福の音楽のひとつです。

Posted by: サンタパパ | December 01, 2004 at 22:34

初めまして。
「カァ~~!」の説明が欲しくて探していたところ、こちらのサイトに出会いました。
勝手にハイパーリンクさせていただきました。
(トラックバックがよくわからなくて・・・)
ありがとうございます。
文章の言い回しが、おもしろいですねぇ。
あちこちで、笑わせていただきました。

Posted by: shuko | October 17, 2005 at 23:09

>shukoさま
はじめまして。コメント、どうもありがとうございます。

お役に立てたのでしたら大変嬉しいです。私のblogでもこのエントリーが記念すべき初エントリーだったりします。

言い回しはほら、私の場合、お笑い系パーカッション・プレイヤーですから(笑)。

Posted by: サンタパパ | October 18, 2005 at 00:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/1412792

Listed below are links to weblogs that reference ビブラ・スラップ Vibra Slap:

» あなたのブログの"第一回”記事募集!〜過去の自分に手紙でもかこう【感謝の追記アリ】 [マンガウルフの野球と漫画☆夢日記]
出版業界には「年末進行」というものがあります。要するに、お正月をゆっくりと過ごすために各雑誌の締め切りが1〜2週間早くなるんですね。 で、11月にものすごく忙... [Read More]

Tracked on December 04, 2004 at 16:14

Main | ラヂオ・ドラマ »