« マッチ箱のサンバ | Main | 華氏451 組曲 »

October 16, 2004

熊鈴

山の中も暮らしにくくなってきたのか、最近はクマが里に下りて人に怪我をさせるという事件が頻繁に起こっているらしい。なにせ、ニュースで取り上げられているのを聞く事が多い。ここしばらくはなかった現象らしい。

そこでクマに襲われないようにクマよけグッズが一般にも売られ始めたそうだ。

クマ被害最多の富山でクマよけグッズ発売

「クマの苦手なトウガラシエキス入りのガススプレーや南部馬具職人(岩手県)が作った熊鈴など200点」というから、世間にはかなりのグッズがあるようだ。ガススプレーは、蚊じゃあるまいし、噴射距離を考えると果たしてとっさにかけられるのだろうか?と思ったりもするのだが。

なにせクマの力はすさまじい。向こうがじゃれたつもりで、はたかれただけでも首がもげてもおかしくない。ウィリー・ウィリアムスじゃないんだから、素手の場合は戦うには非常に無理がある。弱点は鼻と舌と言われても、どうやって手を口に入れるんだか(苦笑)。

さりとて、逃げるにしても走るのは向こうの方が早い。アメリカ民謡の「森のくまさん」(作詞:馬場祥弘)でもスタコラサッサと逃げる女性に対して、トコトコと歩くだけで追いつくというから速さは伊達じゃない。あのクマはまだ親切だったからいいが(お礼にうたを歌うと言うお嬢さんも自己の歌唱力に対してかなりの自信家だが(笑))、空腹で気が立ってるクマ相手ではいかなる説得も効きそうにない。結局一番無難なのは、出会わないようにすることだろう。

上記でふれられている熊鈴というものを知っているだろうか?登山が趣味の友人が持っていたが、熊に教われないように歩きながら鳴らす鈴だ。クマの鋭い聴力と警戒心を利用して大きな音を立てるのが目的だ。ししおどしも田畑を荒らしにやってくる鳥やけものを追い払うための仕掛けだったし、オオカミよけにトロイカに鈴をつけたりと、音のバリアは昔から用いられている。

上の記事でふれられている南部馬具職人の熊鈴は、大きな音が出るということでその筋では有名らしい。また、カナダ産のものもあるそうだ。

くれぐれも、クマに襲われないようご用心を。

|

« マッチ箱のサンバ | Main | 華氏451 組曲 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/1697653

Listed below are links to weblogs that reference 熊鈴:

» 熊保護の音楽パンダ・チャントⅠ・II「拡張された声楽技術」メレディス・モンクの世界 [六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-フルフルフルムーン]
Meredith Monk(1942~) Do You Be [ECM1336] Meredith Monk : voice,piano,synthes... [Read More]

Tracked on November 03, 2004 at 23:28

« マッチ箱のサンバ | Main | 華氏451 組曲 »