« 『the ミュージックセラピー』 | Main | 『ベルリン・フィルと子供たち』 RHYTHM IS IT! »

December 18, 2004

かみでっぽう

日本の伝統文化であるおりがみ。昔からのスタンダードな折り方のひとつで音が出る代表的なおりがみが「かみでっぽう」である。

かみでっぽうの折り方は子供の頃に習った人も多いだろうし、いろんなサイトでも紹介されていたりする。

紙鉄砲(かみでっぽう)

あまり厚すぎなくて柔らかすぎない紙で、しわの寄っていないものがいい音が鳴りやすい。紙を持った時に冊子状部分がわずか開くようになっていて、勢い良く振り下ろすのがコツだ。1回で破れて使えなくなるぐらいがよく鳴る。

一度新聞紙を正方形に切って作ってみたが、これには無理があった。新聞紙はカブトがよく似合う。

2つ作って二丁拳銃としゃれこんだことも多い。利き手でない方に集中しないと1発だけでもう一方が不発になることも多かった。

やがてかみでっぽうでは飽き足らず、かんしゃく玉や爆竹などを鳴らして遊ぶようになった。また、それを鳴らせる場所も豊富にあった。ただ単に「パンッ!」と鳴るだけのものが、何が面白いのかと言われればそうかもしれないが、ともかく面白かったのだ。

自分で折れるようになった時にちょっとだけ成長したように思ったかみでっぽうは、今も忘れない。


|

« 『the ミュージックセラピー』 | Main | 『ベルリン・フィルと子供たち』 RHYTHM IS IT! »

Comments

日本の伝統文化のおりがみ・・・・このでだしに思わずうろたえてしまいましたよー。パパさんの遊び心、こどもゴコロまんさいのブログだいすきです。

ひょんなご縁で楽しい時間を過ごさせていただき、コメントも頂いてありがとうございました。よいお年をおすごしください。新年からもご活躍、ご健筆を!
ではまたー。

Posted by: おりがみ | December 31, 2004 at 22:01

>おりがみさま

あはは。いきなり自分のHNが出てきたらあせりますよね。でもおりがみさまの雅な文体には冗談抜きで文化の香りを感じます。
本年はいろいろとお世話になりました。よいお年をおすごしくださいね。来年もよろしくお願いいたします。

Posted by: サンタパパ | December 31, 2004 at 23:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/2307136

Listed below are links to weblogs that reference かみでっぽう:

« 『the ミュージックセラピー』 | Main | 『ベルリン・フィルと子供たち』 RHYTHM IS IT! »