« CHAIN-MUSIC | Main | 首から褌 »

December 30, 2004

指輪と首飾り

装飾品というのは男である身にはあまり縁が深いものではないのだが、時に必要でまた時に身につけることがある。普段は衣装は他人任せにしているのだが、そのまま他人任せにしているとなすがままにとんでもないことになりかねない(笑)。かつて原宿で買った服を着せられて顔に漆喰(笑)塗って、耳飾りをしてステージをやってたこともあったような(苦笑)。

ボーカルなんかはよく指輪をしていることがあるが、パーカッションの場合はまずない。ウォッシュボードの時に指につけているのは、あれは指輪じゃなくて指貫だし。特にコンガを叩くということは、どんな素材であろうと局部にかかる力はすごいものがあり、指輪なんかしていたら間違いなく変形する。下手すると変形した指輪が指を締めつけて血行不良で紫になっちゃったら笑い事じゃすまない話だ。

とはいえ特にそれが結婚指輪だったりすると、おいそれと適当に扱うわけもいかない。ということで、かつて指輪をしていた頃はチェーンのネックレスを愛用していた。演奏前に指輪を通しておけば肌身離さず持って入れるのでそれで安心できる。気になるようならシャツの内側に入れておけば邪魔にならないし、胸をぶつけるような動作をしない限り多少暴れても大丈夫だ。欠点は遊び人風になるので、品行方正な私の性格が色眼鏡で見られることだったが(苦笑)。

ところで手品の時にポール・モーリアの「オリーブの首飾り」が定番なのはいつからなのだろう?「天然の美」がサーカスの定番みたいなものだろうか?

|

« CHAIN-MUSIC | Main | 首から褌 »

Comments

>「オリーブの首飾り」が定番なのは

こんな記事がありますよ(^^)/
http://ocnspecial.blogzine.jp/blog/2004/12/123.html

初代引田天功が最初だとする説も聞いた事があるんですが、どちらが本当なんでしょうね。

「美しき天然」は、ジンタっぽい演奏形態で聴くと、たまりませんね。
インストゥルメンタルの古いSP録音なんかがあれば、最高だろうなあ…などと思いながら探してますが、なかなか出てこないものです(^^;

Posted by: Tando | December 30, 2004 at 23:27

>Tandoさま
おおおっ!!貴重な情報、ありがとうございます!12月3日が奇術の日というのも初めて知りました。個人的にはイラストのトナカイと宴会するサンタにもうけました(笑)。
「天然の美」はあの物悲しさとどこかひょうひょうとしているところがキモですね。確かになかなかいい演奏って見つからないです。決定盤を知っておられる方がいれば、教えてほしいぐらいですね。

Posted by: サンタパパ | December 31, 2004 at 18:30

>イラスト
浸食性と言うか、じんわりと効いてくる味わいのあるイラストですよね(笑)

>物悲しさとどこかひょうひょうとしているところ
まさしく仰る通りだと感じます。マイナーコードのスロー・ワルツは、何故ああも郷愁を誘うのでしょうか。
そう言えば「天然」はSEでも定番みたいですね。その中に「ビンゴ」な演奏の同曲が入っていそうな雰囲気を感じるのですが…。今度折を見て、また探してみます。


それと、拙ブログをお引き立て頂いたご厚誼、誠に有難うございました。来る新年もどうか宜しくお願い致します。

良き新年をお迎え下さいませ。
更なるご活躍を、陰ながら祈念致しております。

Posted by: Tando | December 31, 2004 at 22:39

>Tandoさま
私もジンタ度が高いものを聞きたいという気持ちが奥底にくすぶってましたので、機会を見つけて探して見ようと思っています。
本当にいろいろとお世話になりました。感謝しております。来年(数分後ですけど)もよろしくお願いいたします。

Posted by: サンタパパ | December 31, 2004 at 23:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/2419301

Listed below are links to weblogs that reference 指輪と首飾り:

« CHAIN-MUSIC | Main | 首から褌 »