« congahead.com | Main | 『世界の調律―サウンドスケープとはなにか』 »

December 13, 2004

もういくつ寝るとクリスマス

ということで、クリスマスまであと12日。一昨日は某大学の某サークル(ってなんだか判らないよな、これじゃ(笑))のOBが毎年開催しているクリスマス・パーティにおじゃまさせてもらった。

もう7年ぐらいお世話になっているHAY FEVERと言うバンドのリーダーがこの某大学の某サークル出身者で、毎年お招きいただいていてなにせかきいれ時なんで私の参加は今回で確か4回目。音楽サークルのOB会兼クリスマス・パーティなので、飲み食いしながら気楽にライブやらセッションやらをやるといった趣向。部外者なのでいつも多少緊張しながらの参加だ。とはいえ、HAY FEVERでカバーしているいつもの選曲なので慣れたものと言えばとても慣れたものだった。

こういう時に困るのが出番が最後のあたりになることで、「終わったぞ!」という解放感で飲む時間が少なくなる(笑)。とはいえ、誰かが最後にならないといけないんだけど(笑)。今年は割りと早い回に出番が来たものの、ゲスト参加させていただいたところが最後だったので「そこそこ」に飲んでの参加だった(突っ込み不可)。

今回は試してみた新兵器が2つ。

ひとつがMEINLのルイス・コンテ・モデルのソリッド・バー・チャイム。30本×2列配列の豪華バー・チャイムだ。

とりあえず鳴らしてみての第一印象。

音がでけぇ~~~!

アルミらしい音とはいえ、さすがに2列に配列されているだけある。表面を撫でるように1列だけ鳴らせば繊細にもできるので、プレイに幅が広がりそうだ。バーを吊るしているのがよくあるインシュロックに似たプラスチック製の細い輪っかではなく、糸なので揺れやすくミュートしないといけないのが難点かもしれない。逆に言えばサスティンを長く保てる。

また、右上の一本棒トライアングルはそこそこに使えるので気にいった。MEINLの他のバーチャイムにもついてたりする。

もうひとつがLPのWoodpecker。LPのカタログだと材質からジャム・ブロックに分類されているが、さもあらんと言った感じ(笑)。鳴りがすごくいいので狭い場所ではちょっと音が大きすぎたかなとも思ったぐらい。なんかキッズ用の色違いがほしくなってきた(笑)。


|

« congahead.com | Main | 『世界の調律―サウンドスケープとはなにか』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/2260929

Listed below are links to weblogs that reference もういくつ寝るとクリスマス:

« congahead.com | Main | 『世界の調律―サウンドスケープとはなにか』 »