« 仮面ライダー 響鬼 | Main | BOSEがJAWSとbjorkとVogueの絵になった(意味なし) »

January 24, 2005

ジャグ・ボトル

jug
正確には叩く楽器ではないのだが、パーカッションは隙間産業的なパートでサンバ・ホイッスルも扱えば、スクエア時代の仙波清彦みたいにヴォコーダーまで担当することがあるので許したまえ。ジャグ(Jug)とは水差しで、ただの大きなビンである。

USAで1920年代から1930年代に流行ったジャグバンドはブルースやカントリーやアフリカン・ルーツのものなど、世界各地のいろんな音楽が混じったものだった。普通の楽器を買うには金銭的に難しかったために、よくある話だが手元にある日常品を楽器にして使っている。洗濯板や金だらいにホウキ、そしてジャグ・ボトルなどでだ。

大きなビンの口から唇を数センチ離して、ビンのクチ向かって金管楽器の要領で唇を震わせて吹くと独特の音がする。音の高低も金管楽器と同じで唇の調整で出す。一度うまく音が出るコツをつかむと出やすい。

もっともジャグバンドをやるのでなければ形式にこだわることは無いわけで、金管楽器やソプラノ・サックスなんかのマウスピースを使って、気に入る音を探すのも手だ。13th floor elevatersなんかはビンの中で声を出して、不思議感いっぱいの音をだしていたりする。

ただ今はそういう手ごろなビンは手に入りにくいのも確かだ。3リットルのワインボトルを使ってみたが、中身を始末するのに少々時間がかかるのがネックだろうか。もし、中身を始末する必要があればお呼びいただければ協力は惜しまないので気軽にご連絡を(笑)。

参考:Boogie Woogie Ace & the Rhythm Kings「ジャグ聴いたことあるかい?」より「ジャグバンド」


|

« 仮面ライダー 響鬼 | Main | BOSEがJAWSとbjorkとVogueの絵になった(意味なし) »

Comments

TBありがとうございます☆
「13フロア~」でしかジャグボトルの音は聴いたことがないですが、独特なサウンドですよねー。
サイケデリック!

Posted by: dolmens | February 03, 2005 at 15:36

>dolmensさま
こちらこそ、コメントをいただきましてどうもありがとうございます。
13th floor elevatersの場合は使い方がちょと独特なんですけど、それがなかなかはまっていてかっこいいです。
私は関東にいますが、実家は福岡なのでdolmensさまのblogは時々覗いています。
これからもよろしくお願いいたします。

Posted by: サンタパパ | February 03, 2005 at 23:33

13thのジャグの構造を詳しくしりたいのですが、教えてもらえませんか。
突然すみません。

Posted by: mojo | November 24, 2005 at 19:21

>mojoさま

コメント、どうもありがとうございます。

13thのジャグの構造といわれましても音を聴いたことがあるだけで見たこともないですから、全然判りません。悪しからずご了承ください。

Posted by: サンタパパ | November 24, 2005 at 23:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/2684666

Listed below are links to weblogs that reference ジャグ・ボトル:

« 仮面ライダー 響鬼 | Main | BOSEがJAWSとbjorkとVogueの絵になった(意味なし) »