« お酒には気をつけて | Main | 擬音装置 »

January 12, 2005

ビリンバウ Berimbau

Berimbau
昔、弓道部に入っていた女の子に憬れていた。きりっとした衣装で引き締まった感じがカッコよかったのだ。根が軟弱で体育会系とは最も縁遠い私は単にその憬れだけで終わってしまった。

で今回ご紹介する、ビリンバウ。まず見た目が楽器に見えない。どう見ても、弓にサービスでひょうたんがついてきたものではないかという風情だ。馬で運んでいたら「今から流鏑馬でもなさるんですか?」と問いたださせるのは必至だ。

このビリンバウ。ブラジルの足技格闘技のカポエイラと密接な関係があるという説が一般的だ。。中南米の奴隷制度時代、ブラジルでも多くの奴隷がアフリカ西海岸などから連れてこられていた時代があった。アンゴラ周辺出身のバントゥー民族が手を鎖で繋がれているために、足技を主体とした格闘技カポエイラを密かに習得したが、奴隷主への反乱に備えた訓練であると思われるとまずいので、音楽に合わせて自分の民族の踊りのように見せかけていた。その時に使われていた楽器のひとつがビリンバウだという。

楽器自体はツルを張った弓の部分、それに引っかける紐の輪がついたひょうたんの部分、弦を叩く竹ヒゴ、弦をミュートする石(もしくはコイン)で構成されている。同時にカシシ(ブラジル産竹籠のシェイカー)を使うことが多い。

演奏方法はツルの部分を向こう側にして共鳴部のひょうたんを腹に当ててミュートしたり離してオープンにしたりしながら、竹ヒゴで弦を叩く。弓を持った指に挟んでいる石(コイン)で弦をミュートしたりオープンにして音を変化させる。また竹ヒゴを持った手の小指にカシシを引っかけて、一緒に鳴らすのが一般的だ。

ツルの部分はこのGOPEの楽器だとピアノ線で張り替えられるらしいが、今の所は切ったりしたことがない。また、石は持ちやすいコインや大きいワッシャーなどで代用できる。

この楽器の場合、出音が小さいのでマイクが必須である。ソロで弾いていない場合には、他の楽器の音量に負けてしまう場合が多い。張恵妹のライブなんかでも使われていたが、イントロで雰囲気を出すにはなかなか面白い楽器だ。

バーデン・パウエルの曲にこのビリンバウのことを歌ったそのものズバリ「ビリンバウ」という曲があるが、いい曲で結婚披露パーティでも演奏したぐらい大好きな曲の1つだ。セルジオ・メンデスでの演奏を始め、名演奏が数多くあるので聴いてほしい。

ちなみに私は弦楽器が苦手でまったくできない。ギターは友人が楽器をプレゼントしてくれて熱心に教えてくれたが、あまりの不器用さにサジを投げられてしまった。二胡も途中で投げ出してしまったし、シンセサイザーは弾くがピアノは弦があるので苦手だ。実弟はインディーズでベースを弾いているので、家系だとも思えない。そんな中、私が唯一扱える弦楽器がこのビリンバウである(笑)。もしかしたら、私は2本以上弦があるとだめなのかもしれない(苦笑)。


|

« お酒には気をつけて | Main | 擬音装置 »

Comments

はじめまして。こんばんは。
TBありがとうございました。

私もBerimbau触らせてもらったことがあります。
残念ながら所有はしていません。

でもこの画像のように青のは初めて見ました!!
とっても綺麗ですね。
私はまだまだ全然ひけないのですが(リズム感がないです・・・)、結構夢中になりますよね。
小指などには気をつけてくださいね(笑)

ではありがとうございました!

Posted by: asyurank | March 31, 2005 at 21:13

>asyurankさま
こちらこそ、どうもありがとうございました。映画のblogの関連で知って、トラックバックさせていただきました。
カポエイラをおやりになられてるんですよね。このGOPEのビリンバウは色合いもお気に入りです。
小指には気をつけます(笑)。
これからも、よろしくお願いいたします。

Posted by: サンタパパ | April 01, 2005 at 07:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/2545942

Listed below are links to weblogs that reference ビリンバウ Berimbau:

» カポエィラ@筋肉痛 [水は止まったらくさる]
今週も行って参りました、カポエィラ。 もう本日超筋肉痛でございます。 なんと昨日は3人でした(笑)少ないよ〜! 3人+先生じゃjogo(日本語でい... [Read More]

Tracked on March 31, 2005 at 21:06

« お酒には気をつけて | Main | 擬音装置 »