« 仮面ライダー 響鬼 一之巻「響く鬼」 | Main | 『電子楽器産業論』 »

January 31, 2005

カッシーニ/ホイヘンス Cassini-Huygens

ちょっと前の話になるが、USAとEUで共同開発された土星の無人探査機・カッシーニ/ホイヘンスの話題。2週間前に切り離されたホイヘンスが土星の衛星タイタンに着陸することに成功した。

土星の衛星タイタンは太陽系でも最大級の衛星で、直径約5,150kmと地球の月や水星よりも大きな衛星である。他の衛星に見られない大きな特徴は分厚い大気を持っているということである。

大気があるということは空気の振動が伝わる、すなわち音が存在するということである。宇宙空間では気体の存在が無いので音が存在できない。今回、ホイヘンスに搭載していた大気構造測定装置に内蔵されている音響センサーが捉えた音が 欧州宇宙機関(ESA)によって公開されている。カッシーニ/ホイヘンス トピックス【ホイヘンスが捉えたタイタンの「音」 (2005年1月15日22:50)】を参照いただくと、mp3による「タイタン大気中を降下している際の録音」と「レーダ電波の信号を音響信号に変換したもの」を聴くことができる(月探査情報ステーションのサイトより)。

地球外の音を聴くことが出来るというのはそれが何であれ、なかなか魅力的な経験であり心躍る出来事である。今後の展開を期待したいものだ。

ちなみにタイタンといえば思い出されるのが、カート・ヴォネガット・ジュニア著の『タイタンの妖女』。面白い作品だったのでオススメ。


|

« 仮面ライダー 響鬼 一之巻「響く鬼」 | Main | 『電子楽器産業論』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/2761224

Listed below are links to weblogs that reference カッシーニ/ホイヘンス Cassini-Huygens:

» タイタンの風 [音楽的雑記]
かなり濃い大気があるとかで注目のタイタンですが、先日のTVで探査機が降下中に録音 [Read More]

Tracked on February 01, 2005 at 14:29

» ●カッシーニ・タイタンで謎の建造物● [珍しいモノ☆ヘンなモノ大図鑑]
今日は、宇宙に関するヘンなことです。土星最大の衛星タイタンに着陸した、小型探査機ホイヘンスの観測データ分析を行っている米航空宇宙局(NASA)のホームページでは... [Read More]

Tracked on February 19, 2005 at 19:31

» 心を無にし、彼方の星が息吹く様を見よ [あやしうこそものぐるほしけれ]
 1997年に打ち上げられたカッシーニが2004年7月に土星の軌道に乗った。そして今年の1月14日、土星の衛星「タイタン」へ向けて探査機(プローブ)ホイヘンスを射出した事は記憶に新しい。ホイヘンスは多くの情報を地球へと発信し、その活動を終えた。そのことごとくが興味深... [Read More]

Tracked on April 08, 2005 at 13:02

« 仮面ライダー 響鬼 一之巻「響く鬼」 | Main | 『電子楽器産業論』 »