« 『パーカッション・ファンタジア』 吉原すみれ | Main | カッシーニ/ホイヘンス Cassini-Huygens »

January 30, 2005

仮面ライダー 響鬼 一之巻「響く鬼」

先週、仮面ライダー 響鬼についてのエントリーを揚げたが、気になるのでとりあえず第一回を録画して見てしまった。毎週レポートするつもりはないのでご安心を(笑)。

音楽は佐橋俊彦が担当。佐橋佳幸のギターは好きでよく聴いていたのだが、佐橋俊彦は別人でテレビ中心の人らしく、不勉強にして私はこの方の作品はよく知らなかった。冒頭画面のリズムと効果音、音楽がリズミックにシンクロしているなと思ったら、いきなりミュージカル仕立てで始まってドキモを抜かれてしまう。ツカミとしては珍しいパターンだ。それも含めて全編かなりの部分で音楽が流れていて、音楽に力を入れているのが分かる。もちろん第一回だからということあるのだろう。以降もこの調子だと大変すぎる。

ともあれ主人公がイルカを見ながらの「カエルの歌」の替え歌で、「そ・そ・そ・そ そそそそそそそ蘇我入鹿」と歌うのはいかがなもんか?(笑)

主題歌がなく和太鼓テイストのインストゥルメンタル。エンディングはなんと布施明の歌だった。主人公の変身シーンもなにげに地味だし、仮面ライダーの造形は正義の味方っぽくないので、なかなかに挑戦的な作りになっているのだが、全般にうける印象はあまり小さな子供や主婦層をターゲットにしていないような印象を受ける。私的にはなかなか引き込まれたので来週も見るつもりだ(笑)。

ということで第一回ではどんな音撃を出すのか分からなかった。ラストでいきなり口から火を吹いてるし(笑)。


|

« 『パーカッション・ファンタジア』 吉原すみれ | Main | カッシーニ/ホイヘンス Cassini-Huygens »

Comments

どもども。
『仮面ライダー響鬼』、残念ながら寝とぼけてて見れませんでした。
 来週は見るぞぉ!
と、トラックバックしてみます。

Posted by: conper | January 31, 2005 at 11:36

こちらでははじめまして。
流石にサブちゃんの「祭〜りだ〜♪」は聞けませんでしたけど(。_・☆\
私も見ましたので(爆)トラバさせていただきました。

Posted by: c3 | January 31, 2005 at 12:19

蘇我入鹿とはまた面妖な。対象年齢をどのくらいに設定してるんでしょーか。「ソガイルカ」が「バンドウイルカ」とか「パンダイルカ」とかの一種になってしまいそうだ(笑

しかしみょーに楽しそうな番組ですねえ。何だか私も見たくなってきた・・・;;

Posted by: そそそそそそ | January 31, 2005 at 14:15

すいません。ソガイルカのコメント書いた「そそそそそそ」は私です;入力間違いてしまいました;

Posted by: しほ | January 31, 2005 at 14:17

>conperさま
ふっふっふ。私は起きることが出来ないのが初めからわかっていたので、録画をセットしました。
やっぱりパーカッション・プレイヤーからすれば、すご~~~く気になりますよね。

Posted by: サンタパパ | January 31, 2005 at 21:33

>c3さま
いや、私もじつはちょっぴり期待してました(^^;>サブちゃん祭り。
トラックバックありがとうございます。結局来週も見ることになりそうです(笑)。

Posted by: サンタパパ | January 31, 2005 at 21:35

>しほさま
「投稿者: そそそそそそ」には、なごませていただきました。ナイスです。
私も対象層が分からないんですよ。想像するにシニアでマニアなおっさん層なのでしょうか?(^^;
仮面ライダーなんて本当久しぶりに見ましたが、結構今回の内容は私のツボでした(^^;。

Posted by: サンタパパ | January 31, 2005 at 21:39

遅ればせながら公式サイトを見てまいりましたが、昔の‘面影’は全くありませんね。
『SPAWN』かと思いましたよ(笑)。
子供見て泣きませんかねコレ・・・。

で、テーマソングの紹介もアップされたんですが・・・

http://www.tv-asahi.co.jp/hibiki/06_takeshi/index.html

「これが話題の」と自らのたまう傍若無人ぶりに圧倒され、25年ぶりに布施明がアニメ・特撮の主題歌を歌うのが「事件です!」で〆られて、思わず土俵を割ってしまいました。

しかし、公式サイトのつくりを見てもますます対象年齢がわかりません(笑)。
こんど早起きして見てみようかなぁ。

Posted by: ♪トトトトトトラのシッポ | January 31, 2005 at 23:55

書き込み有難うございました。

仮面ライダー・シリーズって本当に長く続いてますね。自分は1号&2号の頃をリアルタイムで見ていた世代なので、流石に最近のバージョンは見ていません(^o^;;;。でも、新聞で目にした所では、主役(ライダー?)を演じるのが細川茂樹氏という事で、歴代では初の30代の”おっさんライダー”(見た目は30代に見えないイケメンさんですが。)という事で、個人的にはシンパシーを感じてはいます(笑)。エンディングが布施明氏というのも渋いというか地味と言うか、何とも言えない選択ですね。

まあ、今のライダーは子供よりも、お母さん達が夢中になっているという話もあるので、イケメンさんを出していれば視聴率的にはOKなんでしょうね。

P.S. 貴重なアドヴァイス有難うございました。確かに、当該記事のコメント欄に自分もレスを付けた方が広がりが出るかなあと思った時期も在りました。唯、個人的には自身のブログにレスを付けて貰った方が嬉しいかなと思った事と、カネシゲ様やサンタパパ様の様に、お一人お一人に気の利いたレスを付ける才が無い自分なので、あの形を採る事にしました(^o^;;;。でも、御教示戴けて嬉しかったです。

Posted by: giants-55 | February 01, 2005 at 03:10

月曜日、さっそくおこ達に感想をば聞いてまいりました。4歳のりゅうくんとけいちゃんは「角が生えてて鬼みたいだった」「こうやって(おなかに手をあてて)変身するの」「太鼓叩いてるみたいだったよ」と身振り手振りで解説してくれました。「鬼みたいだけど恐くないの?」ときくと、「豆まきの鬼の方がもっと恐いよ」「うん、だって、ほんものの鬼だもんね」
わーい!「そうかー、そうだよねー。せんせいもそうおもうわー。」あの鬼の正体はねーと嬉しさのあまりばらしそうになったおりがみでしたー。

Posted by: おりがみ | February 01, 2005 at 12:02

> ♪トトトトトトラのシッポさま
非常にポップな登場の仕方、いいっすね(笑)。
そうですね。『SPAWN』に一番、イメージが近いかも。私の小さい頃だったら泣いてたかも(^^;;;。
いやあ、布施明はいいですよ。意図に合っているかどうかは別にしても。
早起きしなくてもいいので、一回話のタネに録画してみるといいかもしれません(^^;。

Posted by: サンタパパ | February 01, 2005 at 22:56

>giants-55さま
わざわざこちらにまで来ていただいてありがとうございます。私も1号&2号の頃をリアルタイムで見ていた世代で、子供がいないので最近は全然見ていません(TV自体もほとんど見てないですけど(^^;)。
細川茂樹は初めて見ましたが、イケメンかどうかは微妙ですが、なかなか好感度高かったですよ。頼りがいありそうだし、ギャグはオヤジギャグだし(^^;。
これからもよろしくおねがいいたします。

Posted by: サンタパパ | February 01, 2005 at 23:01

>おりがみさま
おこ達のお声、どうもありがとうございました!
貴重な意見が聴けてすごくうれしいです。
この先これがきっかけになって太鼓が好きになったら、おにいさん(←おじさんが無理して書いてます(^^;)はうれしいぞ。
そういえばもうすぐ節分なんですね。

Posted by: サンタパパ | February 01, 2005 at 23:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/2751665

Listed below are links to weblogs that reference 仮面ライダー 響鬼 一之巻「響く鬼」:

» 仮面ライダー 響鬼 一之巻 [C3のアジト]
ブレイドが、えっ?そういう終わり方なの?という終わり方をしてはや一週間。 待ちに待った(かどうかは別にして)響鬼が始まった。 本作は設定等に興味をそそられる... [Read More]

Tracked on January 31, 2005 at 12:13

» 『仮面ライダー』。 [congar percussion]
 まだ自分が独身だった頃の話なので、8年以上も前になります。 その頃日曜日と言えば、寝とぼけてお昼頃に起床していたものです。 実家の離れの2階にいましたので、新... [Read More]

Tracked on January 31, 2005 at 12:20

« 『パーカッション・ファンタジア』 吉原すみれ | Main | カッシーニ/ホイヘンス Cassini-Huygens »