« ビリンバウ Berimbau | Main | 『ムーン・フラワー』サンタナ Moonflower/Santana »

January 13, 2005

擬音装置

名前と文字の持つ意味からすると効果音を出すための装置と思われそうだが、どっこいある場所で1つの用途のために使われる装置の総称となっている。その場所というのがトイレだったりするのだが。

所謂「トイレ用擬音装置」という代物だ。INAXはこの名前で出していて、TOTOは1988年に開発して「音姫」という商品名で発売している。大便器の洗浄音を擬似的に出す装置である。音自体はしゃべる自動販売機や留守番電話に使われている音声合成ICで作っているそうだから、サンプリング音でもなさそうだ。

この装置を使うことによって、多少の電気代と機器の値段がかかることは否めないが、使用しないでもすむ洗浄の回数が大幅に減ってまず水道料金のコスト減がはかれるし、同時に下水道料金の軽減につながる。のみならず近年ますます貴重な水資源を無駄に使わずに済むというよい結果を導き出す。なにせフラッシュバルブの水洗便器が1回に流す水の量は15リットルである(国土交通省官庁営繕部「建築設備設計基準」)。2回流せば2Lのペットボトル15本分が流れてしまうと思えば、その水の量が想像つくだろう。

この商品を出しているのは世界広しといえども日本だけだそうだ。調べてみると、どうも日本独自の土着の風習で他の国では例を見ないらしい。

これも下水道が普及してからの風習であるのかなと思っていたら、存外にもそうではないらしい。日本では昔ながらの溜めおき式の江戸時代あたりから一部の階級では同様の風習があったということだ。

まず「音消し壺」。名前はそうなっているが実際に音が消えるわけではない。厠の中にある水を張った壺の下の方に栓が付いていて、その栓を抜くと壷の中の水がこぼれて音をたてる。今の水洗の音と同じことを先取りしていたといえよう。

「音消し壺」が無いところではお付の者に携帯させていた「厠土瓶」を使用したということだ。なんのことはない、土瓶に水を入れておき、こぼして音をたてるという寸法だ。ついでに大のために「厠団子」というものがあって、糸付の泥団子を落とすことによってカモフラージュしたというからこの根は浅くないような気がする。

水が豊富である場所ならではのことなのだろうが、ある意味自意識過剰な風習が長く続いている国ではあると思う。

ところでこの装置でまた「キャプテン・ウルトラ」の主題歌を思い出してしまった(笑)。


|

« ビリンバウ Berimbau | Main | 『ムーン・フラワー』サンタナ Moonflower/Santana »

Comments

記事を読んで、江戸時代に屁をコイたお姫様の身代わりになる「屁負比丘尼(へおいびくに)」という役職があった、というのを『トリビアの泉』で以前やっていたのを思い出してしまいました(笑)。
それはともかく「音姫」のモデル(?)ともいえる代物が江戸時代にもあったというのはオドロキです。

女性たるものしとやかに慎ましやかに・・・という意識が、長年培われてきた国民性とともにこういうカタチとして受け継がれているのというのも、面白いというかなんというか・・・。

Posted by: トラのシッポ | January 16, 2005 at 16:58

>トラのシッポさま
どうも、コメントありがとうございます。
「屁負比丘尼」の話、初めて聞きましたがなんかありそうな話ですね。なんか脈々と通じるものを感じます(^^;。
私なんかは消すのであれば他の音でと思うのですが、同じような音を出して「これは違うよ」っていうのも分からないでもないですが、それでも不可思議を感じてしまいます。

Posted by: サンタパパ | January 16, 2005 at 22:21

TBどうもでした!
音姫を初めて知ったときに思ったのは、
「音は消えるかもしれないが、音姫使用中は今まさに排泄してるってのがバレバレなのでは」
ということでした。ぼくはそっちのほうが恥ずかしいですな。

ちなみにぼくは、20代のはじめまでは公衆便所で大ができなかったんですが、それは音漏れのせいではなく、「学校で大をするとからかわれる」という風習が身に染み付いていたせいなのでした(笑)

Posted by: 猫パンチ | August 26, 2005 at 12:11

>猫パンチさま

このようなエントリーを人様のエントリーにトラックバックする日がくるとは思いませんでした(笑)。

このあたりの恥ずかしさの基準というのは、男だからかよぉ判りません(^^;。

、「学校で大をするとからかわれる」というのはたしかにありますなあ(笑)。なつかしいです(^^;。

Posted by: サンタパパ | August 26, 2005 at 23:54

おー。音消し風習は昔からあったんだ!
また一つ賢くなりました。
海外でこういった装置みたことないから
日本だけかなぁと思ってたんだけど、やっぱりそうみたいなんだね。
まさに自意識過剰。

そういや男の子は学校でウンコしたら
それこそ末代までの恥!みたいな扱いだったなぁ。
女はそうでもなかったけど。
大も小も個室だからね。でも素早くウンコしてオシッコに見せかけるという技はあったね(笑
人様のコメント欄でウンコ、シッコすみませぬ。

Posted by: めけ。 | September 11, 2005 at 09:40

>めけ。さま

あはははは。そういう尾籠なエントリーなので、コメントはそうならざるをえないです(笑)。

文化人類学的なスタンスから見る人もいたりしそうです。探してみてはいませんが。

私はじっくり派なのでその技はちょっと無理です(笑)。

Posted by: サンタパパ | September 12, 2005 at 02:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/2564676

Listed below are links to weblogs that reference 擬音装置:

» キャプテンウルトラ [六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-すこやかに~のびやか...]
サンタパパさん氏のサイトにて話題を発見 やはりあのヘミオラの「守りぬけ・守りぬけ。守りぬけ・3・2・1・0」の後の噴射音は「アレ」ではと思う所存。 さて... [Read More]

Tracked on January 18, 2005 at 00:23

« ビリンバウ Berimbau | Main | 『ムーン・フラワー』サンタナ Moonflower/Santana »