« メガネ | Main | ジャグ・ボトル »

January 23, 2005

仮面ライダー 響鬼

仲間内では日頃TVを見ない(見る暇が無い)ことで有名な私だが、友人からのチクリで知った話。来週から仮面ライダーの新しいシリーズ、『仮面ライダー 響鬼』がはじまるとのこと。

「響鬼」と書いて「ひびき」と読むそうだ。「きょうき」ではないらしい(苦笑)。教えてもらった仮面ライダー 響鬼のサイトを見ると、「ドンドコドンドコドン・・・。今日もアイツの音が聞こえる。」という惹句がまず目に入る。なんだかジャパニーズ・タイコ・プレイヤーを彷彿とさせる言葉である。写真も両手にハイテク棍棒みたいな怪しいバトンを持っている。

「音撃戦士」というコンテンツを覗いてみると、主人公のヒビキが変身音叉というものを使うらしい。また「清めの音」で敵を倒す音撃武器などを駆使するそうだ。なんだかパーカッション関係には非常に面白そうな内容だ。そうすると敵は、ウドゥビリンバウビブラスラップを持って対抗してくるんじゃないかというよからぬ妄想まで湧いてくる(苦笑)。ちょっと気になる番組だ。

当方、所謂初代仮面ライダー世代で番組を毎週見ていたし、「ごっこ」もよくやった。カード付スナック菓子が社会現象になったりと大ヒット故にいろいろと話題の作品だった。故石森章太郎先生が原作で、ここまで続いてここまでバリエーションが増えるとは想像もつかなった。

そういえば当時同じく石森章太郎原作の『人造人間 キカイダー』というのがあったが、あっちは主人公がギターを背負っていたと思う。しかも続編の兄はトランペットを吹いているという音楽人造人間家族だったような(笑)。それで敵の首領が悪魔の笛を吹くと人造人間に埋め込まれた良心回路に影響を及ぼして、苦しむという設定だった。この笛のフレーズは印象的で、敬愛するキーボード・プレイヤー新澤健一郎氏がTV主題曲をジャズ・バージョンにしたアルバム、『ティーヴィー・ジャズ・セブン』で「戦え!!人造人間キカイダー・悪魔の笛」としてレコーディングしていて、なかなか楽しめる作品だ。ちなみに、新澤健一郎氏は10年前にThe Beat Girlというポップス・バンドで「謎の円盤UFO」の主題曲もカバーしてレコーディングしていた。

ブラジルに行った友人によれば仮面ライダーはブラジルでも放送されていたとのことだ。ただし、ドラマ部分は親和性を高めるためだろうが現地の俳優で撮影。前半のブラジルの町や森でのシーンの後、変身するといきなり後楽園あたりで戦うように見えるそうだ(笑)。ちなみにメキシコでの『8マン』は主題歌はスペイン語バージョンで、「エイトッ、エイトッ。エイトッ、エイトッ、エイトッ!」がスペイン語での8、「オチョッ、オチョッ。オチョッ、オチョッ、オチョッ!」になっているそうだ。


|

« メガネ | Main | ジャグ・ボトル »

Comments

こちらではすっかりご無沙汰しています~のしほです。

うちの県では石ノ森作品の使用権だかを譲って貰ったとかで、氏のキャラクターをあっちゃこっちゃで見ます。昨年「投ッ」とショッカー(票ーッと悲鳴を上げていた)を撃退しつつ「キミの投票を待っているぞ!」と参院選のポスターにさっそうと登場した仮面ライダーは衝撃でした。

「キカイダー」ってアニメになったんでしたっけ?楽しい設定だったんだー(笑
石ノ森キャラ満載のローカル線(車内車外のいたる所にキャラ絵がついてる)に時々乗るんで、今度探してみます~。

Posted by: しほ | January 23, 2005 at 22:30

パパさんと同じく、おりがみもへんしん!ってあそんでました。仮面ライダーについて語ろうとしたらきっと何日もかかると思います。
実は「剣」はまったく見てませんでした。仕事先の保育園のおこたちにあまりにも受けてないので。むしろ「アバレンジャー」のほうが人気があったのではないかと思います。
「響鬼」はちょっと期待しています。多分保育園児にも受けるぞとおりがみは予想しています。現場では太鼓がよくとりいれられていますし、和の世界?とくればこどもは「忍者」がだいすきですから。
「赤影」のようなおはなしだったらいいのになあーとかってに妄想はふくらみます。

Posted by: おりがみ | January 24, 2005 at 10:51

>しほさま
おひさしぶりです。ずっと見ていただいてたそうでありがとうございます。
その選挙ポスター、ほしいです(笑)。なんともいえなトホホ色が混じっている感じがして、なおいいです(笑)。そりゃあ、衝撃的ですよね。
「キカイダー」は特撮実写ものでした。ハカイダーとかビジンダーとかネーミングが直球的で(^^;。ビジンダーは確か志穂美悦子だった気が。
これからもよろしくお願いいたします。

Posted by: サンタパパ | January 24, 2005 at 23:27

>おりがみさま
そのうち機会があったら、仮面ライダーをはじめとしてそういうことで語り合いたいですね^^。
そういえば確か昨年札幌ドームで新庄クンも変身した「ゴレンジャー」も、石森章太郎先生の作品でした。
今の子供も忍者はよく知っているのでしょうか?私の子供の頃は忍者マンガや忍者アニメが数多くあったのでそういう洗礼をうけたのですが、最近はあまり見かけない気がしたので。おまけに大人になって香港映画やハリウッド映画で変なニンジャ(あれは忍者じゃなくてニンジャ(^^;)をたくさん見たので、妙なバイアスがかかってしまいます(^^;。
「赤影」もすごく好きでしたね。忍者ごっこもよくやってました。

Posted by: サンタパパ | January 24, 2005 at 23:34

赤影、もう一回観たい!むすめ情報によるとDVDが出ているとのことですが、おりがみは地上波再放送で、みたいのです。今のおこ達(年長さん)にも見せてあげたい。時代劇なのに巨大な怪獣や潜水艦?が出てきたりするのがたまらなく好き。凧に乗るところや笛で怪獣を操るなどもわくわくします。

Posted by: おりがみ | January 29, 2005 at 22:56

>おりがみさま
私も赤影、大好きだったんですよ。時代劇+空想特撮ものといった感じで一粒で2度おいしい番組でした。主役3人のキャラクターがまたよかったですね。
TVで見るとわくわくしながら「一週間待つ楽しみ」も味わえますからね。昔はTVを見ていい時間が限られていたので、その時間は「ハレ」の時間でした。

Posted by: サンタパパ | January 30, 2005 at 00:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/2672313

Listed below are links to weblogs that reference 仮面ライダー 響鬼:

» 仮面ライダー響鬼、登場キャラは・・・ [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
仮面ライダー剣(ブレイド)が無事(?)終了。 2000年に仮面ライダークウガが平成ライダーとして放送され、こんどの仮面ライダーで第6弾目。今回は、鬼をモチーフ... [Read More]

Tracked on January 28, 2005 at 00:13

« メガネ | Main | ジャグ・ボトル »