« 『メリー・ポピンズ』 Mary Poppins | Main | 仮面ライダー 響鬼 三之巻「落ちる声」 »

February 12, 2005

カズー kazoo

kazoo
『メリー・ポピンズ』のエントリーで出てきたカズーという楽器だが、なじみでない方も多いだろう。これも打楽器ではないが、隙間産業担当がよく使う楽器ということで。

アフリカ原産とされるこの楽器は口にくわえる筒の上部に薄い振動膜が貼ってある形をしている。声を出すとその振動膜が振るえてバズ音を出す。パラフォン紙やトレーシング・ペーパーが声で振動するのを想像してもらえばいいだろう。声を変える楽器の一種だといえる。ちょっとひょうきんな音色が特徴である。

声も音色を変える楽器だけに扱いはなにも難しいことはないが、音程自体は歌そのままなのは判っておきたい。一部ではボコーダーが買えない人のために「貧者のボコーダー」としても活躍していた(笑)。

USAではジャグ・バンドでもよく用いられてるし、イギリスでは「バズーカ」とか「ガズーカ」と呼ばれていて1920年代にはよく使われていた。ちなみに第二次世界大戦中に対戦車ロケットランチャー兵器として開発された「バズーカ砲」は、この楽器に似ていたことから名前をつけられた。

カズーの音については山下達郎、ホッピー神山らが絶賛したと言う(笑)、THE TEMPLE CITY KAZOO ORCHESTRAの『2001年カズーの旅』がお薦めだ。カズーばかりで組んだ楽団で「ツァラトゥストラはこう言った」の冒頭部や、レッド・ツェッペリンの「胸いっぱいの愛を」などを演奏してして、かなり抱腹絶倒の作品である。残念ながら現在は廃盤ということだが、再発を望みたいCDのひとつだ。


|

« 『メリー・ポピンズ』 Mary Poppins | Main | 仮面ライダー 響鬼 三之巻「落ちる声」 »

Comments

カズーは、ギター弾きつつ、よく吹きます。カズーでハモったりもします。楽しいです、カズー。
最初に手に入れたときは、音が出ない…と随分悩みましたが…。

カズーでの「胸いっぱいの愛を」は聴いてみたいですねえ…。バズーカ砲の話、頂きました。ありがとうございます。さっそくバンドメンバーに自慢したいと思います。

Posted by: belltone | February 13, 2005 at 01:03

>belltoneさま
おおお!カズー愛好者ですね^^。音からして楽しい楽器です。あれって説明がないから最初どうやって音を出していいか悩みますよね。教則本も出てないし(笑)。
テンプリ・シティ・カズー・オーケストラの「胸いっぱいの愛を」はかなり笑えます。グターのグリス・ダウンのマネとか(笑)。でも、私が一番「胸いっぱいの愛を」のカバーで笑えたのは、ドイツのア・カペラ。グループであるBOBSが演奏したものです。特に3人でディレイのマネするのはウケまくりました。

Posted by: サンタパパ | February 13, 2005 at 23:26

パパさん、今日(正確には昨晩)ライブで、カズーの音色をきいてきました!ギター兼ボーカルさんが銀色の何かをくわえたとき、おりがみははしたなくも「あ、カズーだわ」と口走ってしまいました。すると、ギター兼ボーカルさんは「よく知っていますね」とこっちみてニッコリ。何てやさしい方だろう。と、CD買ってきちゃいました。(単純)
中華街で聴く生バンド。楽しかったです。

Posted by: おりがみ | February 20, 2005 at 00:47

>おりがみさま
思わず言っちゃった気持ち、わかりますよ。なかなか見る機会がない楽器ですし、名前を知る機会も少ないですしね。
中華街で聴く生バンド、いいですね。昔は関内のスタジオ24によく行ってましたが、最近は横浜スタジアムの帰りに寄るぐらいです(笑)。

Posted by: サンタパパ | February 20, 2005 at 23:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/2902151

Listed below are links to weblogs that reference カズー kazoo:

« 『メリー・ポピンズ』 Mary Poppins | Main | 仮面ライダー 響鬼 三之巻「落ちる声」 »