« マイクロホンにご注意 | Main | 鶯張り »

February 25, 2005

鳴くよウグイス平安京

春一番も吹き、三寒四温の日々が続いている。春遠からじといった様相が少し見えてきた気もしなくない。春告鳥と書いて「はるつげどり」と読む。ウグイスの別名だ。

ウグイスが「ホーホケキョ」と鳴くのは春だけ?

梅にウグイス、月に雁。ウグイスが「ほーーーー、ほけきょっ」と鳴くのは春だけだということだ。オスの求愛行動の一種らしい。日が長くなるにつれてオス血液中に特別な物質が増え、脳を刺激し、喉の筋肉が発達してだんだん鳴けるようになるらしい。風流と思うのは季節や自然との結びつきもあるのだろう。春の音の風物詩の代表的なものでもある。

鳥の声を模する笛でもウグイスの笛は人気がある。ネット上でも児島高徳氏の教材の部屋「はがきでウグイス笛」という手作りの笛の作り方が載っていた。まだ試していないが、今度作ってみたいものだ。

ウグイス嬢といえば私などは球場のアナウンスを一番に思い出す。以前、「亀ちゃんのタイガースに檄!」という番組で甲子園のウグイス嬢についてミニ特集をやっていたが、「苦手なものは」と訊かれて「難しい外国人選手の名前」と答えていたのが印象に残っている。特に外国人選手は入れ替わりも激しいので難しくも思うし、緊張もするものだろう。そういえば、星野伸之投手の引退セレモニーをMBSのネット経由で見たのだが、いつもは冷静なウグイス嬢が紹介文を読み上げる時に声を震わせていたのが胸に響いたのを思い出す。


ところで関係ないがアンパンには餡が入っているが、メロンパンにはメロンは入っていないし、ウグイスパンも同様なのは広く知られている。


|

« マイクロホンにご注意 | Main | 鶯張り »

Comments

ぶはっ。
ウグイスからの話題の多さにはおそれいります!
さすがにサンタパパさんですね(爆笑)

ウグイスといえば、梅の木に止まって鳴く「ホーホケキョ」なんですが、あれを実際に見た時に、任天堂の花札の絵柄を思い出し、本当だったんだと、妙に納得した記憶があります。

パン・・・餡だけが本物だったんですよね(笑)

Posted by: Ray | February 26, 2005 at 00:25

裏山の鶯はまだ鳴きません。
山里です(藁)。「早春賦」でもぷぺぷぽ吹いてみます。

Posted by: acoyo | February 26, 2005 at 15:16

>Rayさま
私の場合、のーみそが若干緩んでいるらしく、話題がウグイスの谷渡りみたいにぽんぽん飛んでしまいます(^^;。もっと系統立てて真面目に書ければいいのですけど(^^;。
任天堂の花札!なぜか「大統領」だったりするあれですね(笑)。ゲーム機がヒットする前は任天堂のドル箱(言い回しが古くてすみません)だったんですよね。文房具屋さんでも売ってたりしましたもん。
パンは子供の頃からの疑問でした(笑)。入ってたらそれはそれで、すごくいやなんですけどね(^^;。

Posted by: サンタパパ | February 26, 2005 at 22:40

>acoyoさま
何を隠そう私は九州の盆地で育った山猿少年だったので(^^;、山の四季に心動かされます。今はまさに「梅は咲いたか、桜はまだかいな」の時期ですね。
「早春賦」、いい曲ですね。3拍子の曲って好きな曲が多いんですよ。春の曲は滝廉太郎の「春の小川」や「花」(声の割り振りで強制的に下のパート(^^;)は思い出したんですが、言われるまで失念していました。

Posted by: サンタパパ | February 26, 2005 at 22:47

父の実家が「鶯谷」駅から程近い根岸ににありました。例の野球盤製作に使った布をくれた伯母が、今は一人で住んでいるはずです。あいたいようなあいたくないような・・・。「うぐいす」の出てくる歌や、お話はいろいろありますね。。おりがみのすきなのは「夜のうぐいす」っていうソプラノの高い声でうたいあげる歌曲と、エスニックな挿絵が素敵な「九月姫とうぐいす」という絵本です。

Posted by: おりがみ | February 27, 2005 at 08:09

>おりがみさま
実は私も昔、根津に住んでいたことがありまして、最寄のJRの駅は少し歩きますが鶯谷駅でした。今も本籍はそこに置いてますので馴染み深く、またいろんな意味で思い出深いところではあります。
「夜のうぐいす」ってアラビエフの「夜鶯」ですよね。私はリムスキー=コルサコフが好きなので、その周辺は結構興味があります。リムスキー=コルサコフ自身も「バラと夜鶯」という歌曲を書いています。
夜鶯(ナイチンゲール)といえば、美しくて私が好きな曲は、「バークリースクエアのナイチンゲール」です。マンハッタン・トランスファーも採り上げていてアンコールで歌ったりしますが、ア・カペラで歌われるこの曲は絶品ですよ。スコア持ってたりしますが、挑戦できずに終わってます。
「九月姫とうぐいす」という絵本は知りませんが興味がわいたので、機会があれば探してみようと思います。

Posted by: サンタパパ | February 28, 2005 at 23:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/3077847

Listed below are links to weblogs that reference 鳴くよウグイス平安京:

« マイクロホンにご注意 | Main | 鶯張り »