« 切り火 | Main | ロクハン »

February 16, 2005

ウラニワニハニワニワニハニワニワトリガイル

鳥の歌切り火の音に近い泣き声のヒタキという鳥の話題もあったが、ちょっと見かけたニュースから。


留守中の家にニワトリの鳴き声マシン ドイツの騒音公害ミステリー

[ベルリン 15日 ロイター] あるドイツ人カップルが、ニワトリの鳴き声を出す大音量スピーカーとタイマーをセットしたまま休暇にでかけ、近隣の住民に毎朝ショックを与えた。
ドイツ北部の街イツェヘーの警察に苦情が寄せられた。警察は令状を得て家宅捜査を行い、タイマーで作動するスピーカー付の装置を発見した。
「この装置は午前2時から4時の間に作動し、ものすごい大音量でニワトリの鳴き声を出します。音はあいだに休憩を挟んで20分ほど続きます」
警察はこの装置を押収し、休暇に出かけたまま帰ってきていないカップルを傷害と治安妨害の罪で起訴した。これまでに住民たちのあいだで敵対関係は無かったという。


何が動機か不明だが、なんとも人騒がせな話である。ニワトリは暁に大きな声で鳴く性質をよく知られている。ロシア民話などでは悪魔に朝が来たと錯覚させるためにニワトリを鳴かせる話などがあったように思う。

大昔は金鶏星に住む金鶏が鳴いて暁を知らせて、これに応じて世界中のの鶏が鳴くと考えられた頃もある。時差はどうなんだという突っ込みは野暮であるのでしない。そういえば昨年は阪神にも金鶏堂という選手がいたような?

ニワトリは日本では「コケッコッコー」と表記されるが、各国ではいろんな具合に聴こえるらしい。

USA:クックドゥードゥルドゥー
ベトナム:クーククー
ケニア:コッコリコ
イラン:ググリググー
フランス:コッコリコー
韓国:コーコーコキョー

これは言語によるものなのか、地域性によるものかは判らないが、おそらくおおもとの音声はさほど違わないのではないかと思うのだが、どうなのだろうか。


|

« 切り火 | Main | ロクハン »

Comments

このニワトリカップルの動機を聞いてみたいですね。
実は私は病的に鳥が怖いのですが、こんな事をされた日にゃ!(笑)

でも、このお国柄によって違うニワトリの声の違いは非常に興味をそそりますが・・・泣き声は同じですよねぇ!
一番、不可解なのは<イラン:ググリググー>
・・・なぜなんでしょうか!(笑)

Posted by: Ray | February 17, 2005 at 00:18

アメリカの鶏や犬の鳴き声は、腹式呼吸になりますね。それで、あいつら歌を歌う時もちゃんと腹式呼吸なのかなあ、とか思ったりします。

それにしても、あいつらの何もして無いのにイコライザーとかエンハンサーとかをかけたような声はずるいです。あやかりたい…。

Posted by: belltone | February 17, 2005 at 22:06

>Rayさま
本当に訳がわからない行動です(苦笑)。私のまわりにも鳥が苦手な人がいますが、本当、たまりませんよね。
イランのニワトリの鳴き声はなんだか喉にモノを詰まらせたよな感じです(笑)。 なんで?(笑)

Posted by: サンタパパ | February 18, 2005 at 00:01

>belltoneさま
腹式呼吸は歌には本当に大事なんですが、ニワトリも腹筋で鍛えてるんですかね?(笑) なんだか爆風スランプの「むりだ」を思い出しちゃいました。
あのいろんな人それぞれの、かっこいい声はずるいです。分けてほしいぐらい。面白おかしい声は私も結構マジに自信があったりするんですけど(笑)。

Posted by: サンタパパ | February 18, 2005 at 00:06

鶏の声と聞くと、エイドリアン・ブリューを思い出します。いえ、失礼なんでしょうがね(藁)。

Posted by: acoyo | February 18, 2005 at 12:43

>acoyoさま
ひじょ~~~うに頷ける意見です(笑)、いや、失礼なのかもしれませんけど(^^;。
ひとつはギターものまね侍で、ナンカニワトリもできちゃいそうなとこ。カモメは「マッテクダサイ」でやってましたけど。
もうひとつは首でリズムをとるところですね。私も腰もしくは首でリズムをとることが多いので、わかるにはわかりますけど、なんかニワトリを彷彿とさせます。

Posted by: サンタパパ | February 18, 2005 at 23:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/2959601

Listed below are links to weblogs that reference ウラニワニハニワニワニハニワニワトリガイル:

« 切り火 | Main | ロクハン »