« コンパクト・エフェクター Stompbox | Main | ガングルー  Ghungroo »

March 17, 2005

マンジーラ Manjira

Manjira
インドの楽器。長い紐の両端に真鍮の小型シンバルが1つずつ付いているものである。

現地では宗教的な音楽に使ったりするらしいが、実は正式な使い方はよく知らなかったりする。両手で吊り下げてぶつけ合うと澄んだサスティンの長い音がする。普段はパーカッションの中に組み込むため、ぶら下げてトライアングルのビータ-(=私の場合はたいていの場合、スパナを使用)で叩くことが多い。

響きが澄んでいるのとそこそこに音が大きいので隙間に一発入れたりすることも多く、またアクが強くないので重宝している。


|

« コンパクト・エフェクター Stompbox | Main | ガングルー  Ghungroo »

Comments

御神楽という踊りを習ったときに、大きな〆太鼓とともにこれに似た楽器で「ドドンコドン、ドコドコドン」「カチャン、カチャン、チャカチャカチャン」とシンバルのように打ち合わせて伴奏?していました。

神楽というだけあって、巫女さんがトランス状態になって踊っているようなふりつけでして、このマンジーラさんが神事につかうのと、何か関係があるのやもしれません。

卒園式に御神楽・・・なんでもやってやれ精神がはじけていた時代です。

Posted by: おりがみ | March 17, 2005 at 20:21

>おりがみさま
御神楽、おやりになられたことがあるんですね。
この楽器は澄んだ音が神妙になる感じがして、宗教系だというのはよく判る気がします。
音楽は昔からトランス状態になるにはうってつけのものですよね。寝ちゃうのも含めて(^^;;;。

Posted by: サンタパパ | March 18, 2005 at 07:28

ガムランもそうですが、アジア系打楽器は
金属製のせいかな、
独特の澄んだ響きを出しますね。

アジアのエスニック・ミュージックは
夫婦揃ってファンで、
特にお互い集中して何かするときにかけるんで、
当家はそんなとき、アジアン・カフェ風になります。

Posted by: acoyo | March 18, 2005 at 14:44

>acoyoさま
ガムランも宗教音楽らしいですね。一度だけ武雄に合奏団が来日した時に、生で見ました。非整数系の倍音が多く混じった豊かな音がする上に、チューニングをずらしたうねりが独特の音の洪水を作りますね。
アジアン・カフェ風っていいですね。うちは何の音楽かけても部屋が散らかっている魔窟状態で(^^;;;。

Posted by: サンタパパ | March 18, 2005 at 21:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/3334297

Listed below are links to weblogs that reference マンジーラ Manjira:

« コンパクト・エフェクター Stompbox | Main | ガングルー  Ghungroo »