« フルート flute | Main | トランペット  trumpet »

March 25, 2005

サクソフォーン saxophone

ssts
木管楽器の一種で1枚リードを持つ西洋の比較的新しい楽器である。略称はサックス。

この楽器、ベルギーの楽器製作家アドルフ・サックス(Adolph Sax)が考案して、1846年にパリで特許を取ったものだそうだ。製作者の名前だということは今回調べて初めて知った。19世紀の中ごろに出来たものであるため、キーが他の管楽器に比べて操作性がよい楽器になっている。ちなみに発音方法が著しく異なるのにフルートを持ち替えるサックス吹きが多いのは、キーのシステムが似通っていりためである。

上記写真左のソプラノ・サックス(ヤナギサワ)も右のテナー・サックスも基音はベー(Bフラット)管、その間に位置するアルト・サックスは基音はエス(Eフラット)管になる。他にもソプラニーノ、ナリトン、バスといった種類がある。

ふとしたきっかけで年取ってからテナー・サックスを始めたのだが、今も年に1回1曲ぐらいはステージでちょっとだけ音は出したりしているという、私にとっては隠し芸扱いの楽器になるだろうか。なお、YAMAHA WX7というシンセサイザー用のコントローラーもある。


|

« フルート flute | Main | トランペット  trumpet »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/3438900

Listed below are links to weblogs that reference サクソフォーン saxophone:

« フルート flute | Main | トランペット  trumpet »