« 『武満徹 音・ことば・イメージ』 | Main | 仮面ライダー 響鬼 六之巻「叩く魂」 »

March 05, 2005

カバサ  cabasa

cabasa
元はブラジル原産の楽器。ひょうたんの周りに数珠をゆるく巻き付けた楽器で以前紹介したキューバのシェケレに近い。ただしひょうたんは壊れやすいので、最近ではメタル胴の周りにメタルの数珠を巻き、持ちやすく取っ手をつけたメタル・カバサが主流になっている。

一般的な奏法は、利き手で取っ手を持って、もう片方の手のひらにカバサを乗せる。利き手の手首をひねる事によって、数珠が本体の凹凸とをこすり合わされて音が出る。この時にキレがよくリズムが出るようにしないといけない。Aメロや静かな曲などではよく使われる楽器でもある。

もうひとつ、メタル・カバサの場合には、頭上から取っ手を回しながら降ろして行きロングトーンを出すという技もある。また滅多に使うことはないが、利き手だけで手首をひねって音を出したり、数珠との隙間を利用して横や縦に振って小さな音を出すこともある。

多くのパーカッションを持ち替えで使う場合には、スタンドに設置するカバサ・ホルダーというものがあって便利だ。カバサを乗っけられる半円状のホルダーになっていて、敷き詰められたスポンジが数珠を持つ手の代わりをしてくれるというスグレモノだ。

最近はリバーブも音色作りに入れるために、電子パッドでカバサの音を出すことも多くなってしまったが、まだまだ使いやすく何かの時には重宝する楽器であるので、セッションなどでは持ち運ぶ機会も多い。


|

« 『武満徹 音・ことば・イメージ』 | Main | 仮面ライダー 響鬼 六之巻「叩く魂」 »

Comments

これ中学のときにやりましたよ!テストもありました!

Posted by: kawahara | March 06, 2005 at 18:09

>kawaharaさま
ええええ!それはハイカラな中学校じゃないですか。しかもこれ意外に難しい(というとカバサに怒られるかもしれませんが(^^;)楽器なのにテストもあったんですね。私の義務教育生活間ではこのような楽器に触れたことがありませんでした。
でも、いいですよね。こういう楽器に触れられるということは。

Posted by: サンタパパ | March 06, 2005 at 23:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/3185767

Listed below are links to weblogs that reference カバサ  cabasa:

« 『武満徹 音・ことば・イメージ』 | Main | 仮面ライダー 響鬼 六之巻「叩く魂」 »