« リコーダー  recorder | Main | 『未来への遺産』 »

March 31, 2005

『moog』

サウンド・トラックの紹介と日本公開時にここでもエントリーを挙げたが、今月中旬に、楽しみにしていた映画『moog』を見に行った。

全編が1時間程度の映画で、ロバート・モーグ博士本人のみならず、キース・エマーソン、リック・ウェイクマン、バーニー・ウォレルなど、モーグ・シンセサイザーにまつわる人たちが出演していた。ライブ・シーンもちらりとは映るがどれも1分程度、あくまでもドキュメンタリーとして作られている。昔のモーグ・シンセサイザー好きには嬉しい映画ではある。なにせ、モーグ・シンセサイザーのあのつまみを見ただけでも興奮するような人にとってはたまらないものがあるだろう(笑)。実際、映画の中でも冒頭からモーグ・シンセサイザーらしい音があちたこちらにちりばめられていた。

当日は上映前に松前公高&常盤響のトーク・ショーがあった。松前公高の演奏が1曲という嬉しいおまけ付。松前氏とはかれこれ20年前に彼が「きどりっこ」をやっていた時期に知り合って15年以上会ってなかったが、ほとんど変わっていないのにびっくり。

ちなみに『moog』のパンフレットは細かい解説やモーギ博士のインタビューが載っていたが、小冊子で若干割高感があるからか、缶バッチが1つおまけとしてついていた。


|

« リコーダー  recorder | Main | 『未来への遺産』 »

Comments

こん**は。私もこの映画興味あるのですがまだ見ていません。昔は「ムーグ」と言ってたように思うのですが、モーグなんですね。ドイツ系の読みかたなんでしょうか?

Posted by: ゆうけい | April 01, 2005 at 10:25

>ゆうけいさま
昔はムーグと言ってたしそれで慣れていたので、私も油断するとすぐムーグと言ってしまいます。なんだかモーグの方が正しい発音なんだそうですが、ドイツなんでしょうかね?まだ、慣れていません(^^;。
映画は結構マニアックですが、それなりに好きな人には面白いと思いますよ。私にはなかなか見所がありました。

Posted by: サンタパパ | April 02, 2005 at 23:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/3514371

Listed below are links to weblogs that reference 『moog』:

» moog [かたすみの映画小屋]
moogと書いて「モーグ」と読みます。昔は「ムーグ」と呼んでいました。かつてのシンセサイザーの代名詞であり、またそれを作ったロバート・モーグ博士の苗字でもあります。 [Read More]

Tracked on April 03, 2005 at 00:05

« リコーダー  recorder | Main | 『未来への遺産』 »