« 『アフロ・キューバン・オールスターズ ライブ・イン・ジャパン』 Afro Cuban Allstars Live in Japan | Main | ミナミの帝王 太鼓を叩く »

March 14, 2005

仮面ライダー 響鬼 七之巻「息吹く鬼」

2話完結方式の「仮面ライダー響鬼」。今回は奇数回である第7回。

まず、オープニングの音楽「輝」がまたマイナー・チェンジ。今度はメロディがトランペットの音に。これは今回新しい仮面ライダー=鬼である威吹鬼がトランペットを使うらしく、それに伴っての変更のようだ。なかなか勇壮でよい。名前はクレジットされていないが、ちょっとえげつないハイ=トーンが入るあたり、エリック宮城や数原晋、吉田憲司あたりなのだろうか。

冒頭は語り部役の明日夢少年が友人と高校合格発表を見に行く場面から。それぞれが番号を捜すところでは、おなじみホールトーン・スケールの上昇音が鳴る。「鉄腕アトム」の主題歌の冒頭といえばあの音だと判ってくれるのではなかろうか。教育テレビの理科教室なんかで、「あれあれ?ふしぎだなあ?」という場面でもよく使われる。調性を感じさせないので、昔から重宝されている。

主人公ヒビキは山ごもりで鍛えている最中。力が衰えないように鍛えているというのが30歳以上においてはリアル(苦笑)。番組ではなんか実際鍛えていそうで、好感が持てた。その中で今回のハイライト、六尺太鼓の連打のシーンがあるが、東映の公式サイトによれば富岳太鼓代表の山内強嗣に指導を受けながら臨んだそうだ。なかなかに見所のあるシーンだった。

今回、ヒビキの仲間のイブキが初めて変身のシーン。なんだかサンバ・ホイッスル状の笛を、フルートのような発音方法で吹いて変身する。風がテーマらしく竜巻がおこってその中で変身するのだが、不覚にも『少林サッカー』を思い出してしまった(笑)。どうやら服も破れているみたいだし(苦笑)。トランペットな技は次回でるということだ。

作品の中で明日夢少年を通して、人助けに勇気を持つことがテーマのひとつになっているようだ。 今後の展開が楽しみである。


おまけ:今週の替え歌

「鍛えろ腕を、足をらんらんらん、
 磨けよぉさあ 男前
 走るよ山を 谷を海を
 鍛えろ身体 きっちりと」

メロディはイギリスの童謡でマザー・グースにも入っている「ロンドン橋落ちた」。


|

« 『アフロ・キューバン・オールスターズ ライブ・イン・ジャパン』 Afro Cuban Allstars Live in Japan | Main | ミナミの帝王 太鼓を叩く »

Comments

今日3/15はダブルヘッダーです。
朝から11時まで卒園式予行。年長さんの一部は「響さんのようにカッコよくやりたい!」オーラがでてました。もう、この番組には大感謝です。
ところで、5歳児7人は2台の大太鼓でソロがあります。3・4に分かれるので必ず一人だけ2回ソロをやることになります。いったい誰がその役になるのか?人選に悩んでいるのは大人だけのようです。誰が打ってもいい線行ってますから。むーしーろー、担任の〆太鼓が一番しんぱい。

ではまた夕方の部に出勤です。ちょき。←響さんの挨拶。こどもたちが「ちょきだね」とまねてます。

Posted by: おりがみ | March 15, 2005 at 14:36

>おりがみさま
ダブルヘッダー、ごくろうさまです。ちょき!
年長さんは年長さんらしい自覚もあるんでしょうね。鍛えて強く育てよ~!
こういう機会に太鼓を叩く楽しさ、音楽をする楽しさを知って、ずっとやってくれると嬉しいですね。
いつもご報告、ありがとうございます。とっても感謝しています。ちょき!

Posted by: サンタパパ | March 16, 2005 at 23:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/3300863

Listed below are links to weblogs that reference 仮面ライダー 響鬼 七之巻「息吹く鬼」:

« 『アフロ・キューバン・オールスターズ ライブ・イン・ジャパン』 Afro Cuban Allstars Live in Japan | Main | ミナミの帝王 太鼓を叩く »