« チャクチャ chakcha | Main | サンバ・ホイッスル  apito/samba whistle »

March 20, 2005

仮面ライダー 響鬼 八之巻「叫ぶ風」

毎回のタイトルを見ているとそのうち『うめく排水管』とか出てきそうに思うのは私だけ?

オープニングの曲は前半が女声のヴォーカリーズで後半がトランペットのメロディという、マルト・トラックのリミックスで別バージョンにしたもの。この形でいろんなバリエーションを作っていくのか気になるところ。CDでもそれぞれ収録されるようになるのかな。

今回は威吹鬼が魔化魍イッタンモメンを退治する回なのだが、『ゲゲゲの鬼太郎』で育った世代にとっては、さらし木綿に目がつてて飛ぶ一反木綿とは違う姿にびっくり。巨大なエイみたいな妖怪であった。それに対してそれまで機関銃のように使っていた3バルブの武器にマウスピースと喇叭のベルを取りつけると一撃ハイノート一発。しかも循環呼吸でロングトーン(多分、原音をループ処理)を延々鳴らして撃破。『少年ジェット』の「うーやーたー!」か、『ブリキの太鼓』の叫び声に似たものなのだろうか?実際固体の場合、固有振動数にあった振動を与えると共鳴によって振幅が大きくなる(卒業研究はそっち関係に近かったのだが、離れて長いので難しい質問はしないように(笑))。1940年のタコマ=ナローズ橋の事故などは、橋の落下が撮影されていたこともあってよく知られている事象だろう。

「腕白でもいい、たくましく育ってほしい」というなつかしいCMのフレーズ(提供はたしか丸大ハム)を言いながら、電話を切った後、息子の合格祝いに作ったごちそうを寂しく見る明日夢の母親や、ヒビキとおばあちゃんの会話、明日夢に気の使い方を教える大人のヒビキなど、ドラマの部分は見ていて気持ちよい。

で、次週はアリさんが出てくるみたいだ(笑)。


おまけ:今週の替え歌

「あきらと少年 仲直り」

メロディはUSAのヘイル夫人が作った童謡「メリーさんの羊」。エジソンが蓄音機を発明した時に始めてエジソン自身が歌って吹き込んだ歌もこの曲であることは有名。


|

« チャクチャ chakcha | Main | サンバ・ホイッスル  apito/samba whistle »

Comments

今回もかっこよかったふぶきさん。あきらもかわいいです。しかし、こういう師弟関係ってどうよ?もし、むすめがああいう風な生活をしてたら?とおっととなやみましたが・・。

撃ってもダメなら吹いてみな、っていうかんじのきめ技、「ばんばん」が大好きな3歳児に理解できるかどうか?

ひびきさんの替え歌がまたまた良かった。これはすぐにでも使えそう。「しーんくんとしょうちゃん、けんかけんか、でーもまたすぐにーなかなーおりー」なんて。けんかしてもすぐに仲直りできるのが幼児さんです。

Posted by: おりがみ | March 21, 2005 at 10:06

>おりがみさま
親御さんとしては20歳ぐらいのかっこいい男の人が師匠だといろいろと気をもむでしょうね(^^;。
実際、未だに子供が見て面白い特撮なのか、気にはなってます。
子供の仲直り、いいですね。そういうところは大人も見習わないといけないなと思っています。

Posted by: サンタパパ | March 21, 2005 at 23:15

もうすぐ卒園式です。(明日、日曜日)
幼児から少年へと成長してゆくおこたちを、ひびきさんのような素敵な大人たちがサポートしてくれることを願ってやみません。
と、いうわけで日曜は早出です。次回の響のはじまる頃、私はオルガンや戸板を運んでいることでしょう。
仮面ライダー響、初めてビデオに撮って見ることになります。

Posted by: おりがみ | March 26, 2005 at 01:13

>おりがみさま
私も周りのいろんな人に助けられて今日まで育ってきました(お腹が育ちすぎですが(^^;)。今では次の世代にいろんなものを託していく立場になってきてます。
今日明日と卒園式なんですね。巣立っていく子供たちの後姿を見守ってあげてください。

Posted by: サンタパパ | March 26, 2005 at 23:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/3371486

Listed below are links to weblogs that reference 仮面ライダー 響鬼 八之巻「叫ぶ風」:

« チャクチャ chakcha | Main | サンバ・ホイッスル  apito/samba whistle »