« トランペット  trumpet | Main | 声の力―歌・語り・子ども »

March 27, 2005

仮面ライダー 響鬼 九之巻「蠢く邪心」

オープニングのメロディが今度はサックスのバージョンに。毎回毎回これだけ猫の目の様に変わる番組も珍しいし、非常に楽しみである。

冒頭のサウンド・トラックは「メリーさんの羊」にテーマ・ソングを絡めてリ・ハーモナイズしていたが、このあたりは編曲の見せ所。余談ながら昔「水戸黄門」を絡めたアレンジで遊んだことはある。ところで、なんか混乱状態の時にサックスがフリーで吹いたりドラム・ソロになるのって、60年代ティストがあってえらく懐かしい気がする。

ところで明日夢くんがドラムの試奏しているのはどこ?浅草のジャパン・パーカッション・センターかな?

響鬼の両足にガングルーの様に鈴がついているが、これはお神楽などでは鈴が清めの音になるからであろう。

次回は、響鬼と威吹鬼が共闘するみたいで、また見逃せない。困ったもんだ(笑)。


|

« トランペット  trumpet | Main | 声の力―歌・語り・子ども »

Comments

 ども。
ご無沙汰しています。
日曜日は良い天気でした。
屋外でたたきたかったのですが、子供達を東武動物公園に連れて行きました。
それはそれで楽しかったですが。

サンタパパさん、『響鬼』にすっかりハマってますね!
サンタパパさんならではのBGMなどの解説とても楽しく読んでます。
 そうそうドラムの試奏のシーン。
私もJPCかなと思いましたが、そうだとしたらかなりの大掃除をしたことでしょう。
あのシーンの場所は普段行くと特にゴミゴミしてますから(笑)

 ふと思いました、次回の予告を見ていて。
ライダーのタンデムって・・・・。
そもそも、バイクに乗れないのに『ライダー』と言えるのか?

では。

Posted by: conper | March 28, 2005 at 11:04

ただいま帰宅いたしました。はー、もう、介護ブログかなんか立ち上げようかって思うような一日でございましたが・・・こういうときこそサンタパパさんとこに来てよかったデス。
卒園式の太鼓、こどもってどーして本番に強いんだろ!!っていうくらいカッコよかったです。「晴れたー日ーにー胸をはってー」旅立つおこたちに、大人たちはいっぱい拍手しました。
今回のライダーは幼児を持つ父母よりも少し上の世代、中学生くらいの子を持つ人々にターゲットをずらしたのではないか?なんて勘ぐっているおりがみです。

Posted by: おりがみ | March 28, 2005 at 22:33

>conperさま
おひさしぶりです。家族サービスは大事ですよ。私は年度末年度頭でばたばたしています。
なんの因果か、、『響鬼』にはハマっちゃいました(笑)。
JPCは実は私は4階にはほとんど行かないんですよ(^^;。
次週予告によれば、ペーパー・ドライバーの響鬼の方ががバイクを運転しているので、要チェックです(笑)。

Posted by: サンタパパ | March 28, 2005 at 23:53

>おりがみさま
明日を背負っていく皆さんのお見送り、ごくろうさまです!お肩を叩きましょう。とんとんとんとん。
卒園式の太鼓、大成功だったみたいですね。本人も親御さんも、皆さんも心に残ったことでしょう。そういう感激って人生の中でとっても大切なことだと思うんです。ずっと心に置いていてほしいものです。
今回の仮面ライダーで一番心配なのでは、小さい子供が見ていて面白いかなというところですよね。私なんかは『スポーン』なんかよりも面白いんじゃないかと思って楽しんでますけど、仮面ライダー怖そうだし、お話も子供向けでもなさそうだし。

Posted by: サンタパパ | March 29, 2005 at 00:00

今日の夕方、4月から年長組になるみな姉ちゃん、ゆっきくん、さとぼうの3人に「ひびきさん」について聞いてみました。視聴率100パーセント、響さんへの好感度66パーセント。ゆっきくん曰く、「響さんさあ、人間のときはへろへろしてるんだよな」だから、かっこ悪いんですと。でもみな姉ちゃんは「鍛えてるから強いよ」、さとぼうも「腹筋とかやるんだよな」といって、かえるの歌の替え歌を熱唱。おお、好感度高いぞ。

先生ね、響さん結構好きなのよ、といったら
み「結婚したいの!?わー、ラブラブ―!!」
お「ちがうって、けっこうすき!」
ゆ「だけど、おじさんじゃん」
さ「だいじょうぶだよな、先生おとなだから」

いえ、あの、嫁になりたいとは、おもってないのよわたし。

Posted by: おりがみ | March 29, 2005 at 21:09

>おりがみさま
子供も年長組になると、それなりに年下のことも考えるようになってくるのでしょうね。
ヒビキさんはあのヘロヘロがいいのですが、やはりそこの魅力は大人にならないと難しいでしょう(笑)。
子供の頃は好き=結婚でしたからねえ(*^^*)。『小さな恋のメロディ』とか見るとほほえましいです。もっとも、大人になったらなったでカップルに「お前ら、はよ結婚せい」とかいいがちですが(^^;;;;;。

Posted by: サンタパパ | March 29, 2005 at 23:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/3464835

Listed below are links to weblogs that reference 仮面ライダー 響鬼 九之巻「蠢く邪心」:

« トランペット  trumpet | Main | 声の力―歌・語り・子ども »