« 『moog』 | Main | 仮面ライダー 響鬼 十之巻「並び立つ鬼」 »

April 02, 2005

『未来への遺産』

1974年から1975年にかけてNHK50周年記念として放送された『未来への遺産』のサウンド・トラック。全曲武満徹の作曲になるものである。

テーマは岩城宏之指揮NHK交響楽団、他は三石精一指揮のムジカ・ヴィヴァとなっている、曲目は以下の通り。

1.テーマ
2.密度を求めて(コナラク寺院)
3.聖なるかたち(縄文土器)
4.心のなかの宇宙(シュメール)
5.太陽神殿(マヤ)
6.失われた時への旅(サントリーニ島の幻影)
7.天は語らず,大地をして語らしむ(ウル)
8.天は語らず,廃墟をして語らしむ(バビロンの獅子)
9.ファラオの宝庫(ペトラ)
10.シルクロード(パラミュラ)
11.メソポタミアの砂漠(ウルク)
12.巡礼の道(レオンの大聖堂)
13.この沈黙の遺跡(トゥルム)
14.悠久の流れ(美しいナイルの日没)
15.迷宮と呪文(ケルト)
16.王のモスク(イスファハン)
17.曼荼羅(根本中堂)
18.陶磁の道(日本・中国)
19.テーマ

表題で判るように世界各国の遺跡がテーマとなっていて、曲ごとにそれに似合った味付けが施されてる。どの曲も空間と時間を大きく感じさせる曲になっていて、多分に視覚的な曲になっている。ライナーに武満徹自身の「廃墟の音」と題する一文が載っているが、空襲体験から出てきた廃墟というもにに対する想念が筆を運ばせたところもぱあるらしい。

このアルバムについては、六国峠@ドクター円海山の音楽診療室さまのエントリーに素晴らしい解説があるので御一読を。


|

« 『moog』 | Main | 仮面ライダー 響鬼 十之巻「並び立つ鬼」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/3538029

Listed below are links to weblogs that reference 『未来への遺産』:

» 武満 徹「未来への遺産」 [六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-半端は駄目だ・・]
驚愕の至りにて候、このところ体調麗しくなくそれゆえに夜には、斯様な事態に際しての処方セル音楽をか就寝に付次第であるが・・そしてブログにネタにしようと思う矢先に、... [Read More]

Tracked on April 03, 2005 at 00:22

« 『moog』 | Main | 仮面ライダー 響鬼 十之巻「並び立つ鬼」 »