« 『未来への遺産』 | Main | 鍵盤ハーモニカ »

April 04, 2005

仮面ライダー 響鬼 十之巻「並び立つ鬼」

毎週見続けてちょうど10回目。そろそろネタも尽きてくるか?(笑)

オープニングのメロディは前半サックスで後半はトランペット、最後の部分で2管という芸が細かいミックスに。デジタルのマルチを回して作れば最近の民生機器でもこういう作りは出来るが、ここまで実際にいろいろやってる例はあまり知らない。

ちなみにディスク・アニマルの鳥であるアカネタカの鳴き声は多分ギターのチョーキング。ギターで鳥の鳴き声といえば、エイドリアン・ブリューがキング・クリムゾンでカモメの鳴き声を模していた「Mattekudasai」などが思いだされる。ベンチャーズのアメリカン・ネイティブの矢の音を模した頃からこういう技は結構好きなものらしい。

気になったのはCGで作られた怪獣、じゃなくて魔化魍オトロシ。サイの頭をした亀のような風体でガメラよろしく空を飛ぶが、動きがどうも『モンティ・パイソン』に出てきたテリー・ギリアムが作るアニメーションの巨大ハリネズミを思い出して笑えてしまった(苦笑)。

立花のおやっさんころ勢地郎がひょうひょうとした感じで好感度、非常に高し。ああいう歳の取り方って理想ですな。あと、先週予告でバイクの

で、次週予告でまた謎の登場人物が(笑)。しかも『不思議惑星キン・ザ・ザ』 みたいに「クー!」っとあいさつしているのが興味をそそられますな(笑)。


|

« 『未来への遺産』 | Main | 鍵盤ハーモニカ »

Comments

続けて見ていると、響さんはだんだん浸透していくようです。ゆっきくんはへろへろ響さんはかっこ悪いと言ってましたが、「面白いところもあるとおもう」ともいいます。「ちゃんとあやまるのがいい」とも。
なによりほかのヒーローと違うのは、おこたちは「ひびきさん」と呼んでいる点です。
「さん」付けで呼ばれるライダーはいなかったのではないかな?

バイクの二人乗りは、危ないからやっちゃダメよとおりがみは思いました。

Posted by: おりがみ | April 06, 2005 at 01:04

>おりがみさま
あやまるのは模範となるおとなとしては大切ですよね。ちゃんとかどうかは疑問が残りますが(笑)。
作中でもみんなに「ヒビキさん」って呼ばれてますよね。なんか行く先々でお呼ばれされてごはん食べているヒビキさんの雰囲気がいいです。確かに本郷猛も一文字隼人もさん付けはされてませんよね。
しかし、ヒビキさんのバイクは二人乗り以前の問題があるような(笑)。

Posted by: サンタパパ | April 07, 2005 at 00:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/3564794

Listed below are links to weblogs that reference 仮面ライダー 響鬼 十之巻「並び立つ鬼」:

« 『未来への遺産』 | Main | 鍵盤ハーモニカ »