« ディジュリドゥ  Didgeridoo | Main | 『気分はグルービー』 »

April 10, 2005

仮面ライダー 響鬼 十一之巻「呑み込む壁」

NPBもセントラル・リーグが開幕し、さらに阪神が例によって春先は好調なため(しかも今日はサヨナラで勝ったため(笑))、更新が滞っているという言い訳を書いておいて、毎週の「おつとめ」を。

オープニングの曲は以前にもあったボーカリーズによるメロディであったが、ブラス・セクションによるフィルが入ると言うまたもや芸が細かいアレンジに。こだわりだか意地だかがあるのか、毎回毎回よく変えてくるものである。レコーディングが終えていてのミックス・ダウン1つにしたって、この作業で1時間ぐらいはかかるのだから、よくやっているなという印象。

他にはヒビキさんマイ・ビームの「メリーさんの羊」を歌っていたぐらいしかトピックはなかったが、隠し部屋から古い資料を出すのに行李やお茶箱が出てきたのは、異様になつかしかった。今は樹脂製のTAG BOXなんかに放り込んでいるが、昔は押入れに空いたお茶箱を使って整理していたものだった。みかん箱が木箱だった時代のことである。

1年間続く番組なので、最初は簡単にやっつけていた敵がだんだん強くなっていくように構成されているみたいで、今後の展開は楽しみだ。


|

« ディジュリドゥ  Didgeridoo | Main | 『気分はグルービー』 »

Comments

明日夢クンの破れた紙袋を見て、中学時代を思い出しました。小学校とは桁違いに重たかった教科書、辞書、資料集。いかにも勉強するぜ!!という気概のある面構えの教科書だったような気がします。今の教科書は、外も、中ものっぺらぼー、色ばっかカラフル。

みどりさんは「ひびきくん」って呼ぶんですね。(嫉妬)まあ、美人の幼なじみですから仕方ない。来週は二人の過去が明らかになるのか?

えー、今回はおりがみよりも年長の方に響さんの布教をしてまいりました。保育士歴30年以上のお姉さまがた「仮面ライダー?んなもん見ないわよ、いまさら。」なんて仰るので、「布施明が主題歌歌ってんですけど」といったら、「昔コンサートいったわ」「あのひと、歌うまいよねー」「へえ、良い歌詞じゃない」(布教に熱心のあまりうたうおりがみもどうかと思うが)と好評。布施つながりで来週少しでも視聴率がアップすればいいなあって何やってんだ私?・・・・。で、ダンスの練習が始まったのですが、なんと、先生(おりがみよりお若い方なんですけど)は、むかーし布施さんの後ろで踊ったことがあるんだそうです。
おそるべし布施明。

Posted by: おりがみ | April 11, 2005 at 08:51

>おりがみさま
今でもよく紙袋をぼろぼろにするサンタパパです。当時から教科書とノートを目いっぱい詰め込んで持っていくクセがあったのですが、未だにそのまま重い荷物を持つ体質(?)は変わりません。人間が軽いから(体重は重いけど(^^;)重いものを持つぐらいがちょうどいいんですけどね(笑)。

みどりさんは見ていて気になる人です。来週はいくつかの謎が明らかになりそうなタイトルですね。
布施明は芸暦がすごく長いですもんね。さすがにビデオでしか見てませんが、モノクロの「シャボン玉ホリデー」の初期に10代の布施明クンがスウイムを踊っていたぐらいですから。思わず「少年!」って呼びかけたくなるような年齢です。エンディングの歌はさすがベテランだと思いますよ。私は音程の悪い歌い手さんの曲を聴くと非常に悲しくなる人なので、布施明みたいな人の歌は安心して聴けます。
しかし、その謎の先生、おそるべし(笑)。

Posted by: サンタパパ | April 11, 2005 at 23:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/3648794

Listed below are links to weblogs that reference 仮面ライダー 響鬼 十一之巻「呑み込む壁」:

« ディジュリドゥ  Didgeridoo | Main | 『気分はグルービー』 »