« ニ胡 | Main | 鈴 Sleigh Bell »

May 26, 2005

仮面ライダー 響鬼 十七之巻「狙われる街」

タイトルで心なしか少年ドラマシリーズを思い出したりして。気がついたら早くももう、17回になっているのかとびっくり。4ヶ月が過ぎて1/3は終わったことになる。

オープニングの最後の響鬼が落ちてくる(笑)映像が、3人の鬼の揃い踏みになっていた。これからは入れ代り立ち代り出てくるのかな?音ネタ的には今回は見つからない(苦笑)。

前回、師匠の斬鬼の後を継いだ驚鬼・・・・・・ではなくて轟鬼こと戸田山くんがおやっさんと共に引き継ぎの手続きを。師匠のものを引き継ぐ、その精神が好き。

衣装選びで男が優柔不断なのは、私的にはよく判る気がする。ステージ衣装はすべて人任せて決めてもらってたりしてて、主体性ないことこの上無いもので(苦笑)。もっとも私の場合は服をしょっちゅう燃やしたりはしないのだが(笑)。

あと、太鼓のハイテクバチの新作実験中が気になってたりする。


|

« ニ胡 | Main | 鈴 Sleigh Bell »

Comments

「おどろき」の方が戸田山君に似合ってるかもしれませんね。
鬼さん引退後も「鬼の世界」で役に立つシステムがあるようなので、「野球界」よりすすんでるなあと羨ましいような。


師匠からのひとり立ちは保育士でいうと「一人担任」のような感じです。乳児クラスは複数対応がフツーなので新人は大抵先輩と組まされるのです。初めてひとりで3歳児クラスを持った時、わたしは戸田山君以上に舞い上がっていました。

今週は実習生が入ってきたので、若手保育士も「先輩」としてがんばって「指導」しているのがほほえましかったです。

童子たちが地面を「こんこん」と足でノックするのが不気味なのにユーモラスでした。

一つ一つのカットが心にピッと「響く」ヒーロータイムです。

次回は山形の田んぼに向かっている時間なので、むすめにビデオ撮っておいてもらわねば・・。

Posted by: おりがみ | May 27, 2005 at 08:30

>おりがみさま

たしかに「驚鬼」の方がイメージに合ってるかも(笑)。

なんだか猛士って福利厚生とか充実してそうですよね(笑)。きびだんごの現物支給だったらいやですが(^^;。

人がだんだん一人前になっていってそれを次の世代に受け継いでいく、それが大きな人間の営みなんですね。しばらく前から次の世代にいったい我々は何を残すことが出来るのだろうかと、真剣に考えることも多いです。

5/29の話はまた明日ぐらいに。

Posted by: サンタパパ | May 31, 2005 at 23:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/4292180

Listed below are links to weblogs that reference 仮面ライダー 響鬼 十七之巻「狙われる街」:

« ニ胡 | Main | 鈴 Sleigh Bell »