« 仮面ライダー 響鬼 二十二之巻 「化ける繭」 | Main | 仮面ライダー 響鬼 二十四之巻 「燃える紅」 »

July 19, 2005

仮面ライダー 響鬼 二十三之巻 「鍛える夏」

予想外の多忙状態になったのとあるテンションを下げる映画(DVD)を見たことがあって(爆笑)、しばらく更新が滞っていた。・・・・・・ら、既に周回遅れになってしまったのだ(苦笑)。

「鍛える夏」。なかなかそそられるタイトルである。私の場合特に変温動物だったりするので、気温の上昇と体温、ならびにテンションの高さがリンクする。暑くなればなるほど「どんと来いっ!」という、ある意味暑苦しいタイプと言われればそうであろう(苦笑)。キューバに行った時も暑さが心地よいと感じた。

山ごもりをしている響鬼さんと若い轟鬼さんであるが、弦使いの轟鬼さん、なんで太鼓の修行をしないといけないかと不満である。山元洋介さんではないが、LM系の場合はリズムが命なんで、他のパートがリズム楽器をやるということは非常に大事なことだと思う。鬼の場合はよぉ知らんけど(笑)。絶対に自分の楽器をやる時に生きてくることだし、非常に極端な話をするとポップス系では音程が正確でリズムがダメダメなのと、ゲンコツなんかで音程がメチャクチャでもリズムがカチっとしているものを比較したら、場合によるが後者の方がかっこいい場合が多い。

で、明日夢くんはまだ1年生だしクラブ活動に入るのが遅れたのもあって、コンバット・マーチでのホイッスルの担当がご不満の様子。明らかに下手な演奏を演出していた。まあ足を引っ張るのは論外だが、普段でもドラマーでパーカションをするはめになると面白くない人も少なくないので、そいういう部分を持ってる人は覆多いのかもしれない。何やらせても面白がる人間にとっては、そういうのはもったいないと思うのだが。実際ホイッスルもやれば、極めるのは難しいのだよなあ。と言いながら、私はチアの方に目が行ってリズムどころの話にならないような気もする(苦笑)。

ちなみに映画『チアーズ』を見たが、USAなんかでの高校のチア・リーディングはさすが本場だけあって、ほとんど体操競技顔負けの技の連続だったりしますな。


|

« 仮面ライダー 響鬼 二十二之巻 「化ける繭」 | Main | 仮面ライダー 響鬼 二十四之巻 「燃える紅」 »

Comments

とっても大変な状況だったようですね?ご無事でなによりです。

梅雨もあけ、鍛える夏がやってまいりました。クーラー無し、体から塩が浮くほどの仕事場です。こどもと入るビニールプールが唯一の清涼剤。

高校野球の県大会まっさかりです。明日夢の高校は野球部でるのかなあ?なんて思ってたら、コンバットマーチをやってるので、来週あたりは球場で演奏?と勝手に期待・・。

田んぼからヌウウっと手が出てくるのはきみがわるかったです。

Posted by: おりがみ | July 20, 2005 at 22:42

>おりがみさま

とりあえず復帰しました~。よろしくおねがいいたします~。

梅雨は今年はあまり振ったという印象がなかったので、梅雨明け宣言もあまるピンときませんでした。この季節は外は結構暑いですよね。一時期、現場でへとへとで脱水症状になりかけたことがありました。

吹奏楽部は自分のところのコンクールや定期演奏会以外にも壮行会や応援も借り出されるんですよね。体育会系の音楽クラブとも言われてます。私も球場での応援を期待(笑)。

田んぼの手は、恐怖の原点でしょうね。

Posted by: サンタパパ | July 21, 2005 at 00:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/5057893

Listed below are links to weblogs that reference 仮面ライダー 響鬼 二十三之巻 「鍛える夏」:

« 仮面ライダー 響鬼 二十二之巻 「化ける繭」 | Main | 仮面ライダー 響鬼 二十四之巻 「燃える紅」 »