« ヴァレーズ『イオニザシオン/アメリカ/アルカナ/砂漠』 | Main | 夏に聴く曲 »

July 24, 2005

仮面ライダー 響鬼 二十五之巻 「走る紺碧」

来週はまた放映がお休みということなのか、2週で1セットのお話が1話完結になっていた。河童の妖怪が出てくるお話。

冒頭の曲はメロディがシロホンに。雰囲気がまたかなり変わった感じに。持続音代わりはロールが命ですな。

河童が出す木工ボンドのようなもの(?)はなんだか声を変えちゃうみたいらしい。一時期流行ったヘリウム・ガスみたいなものだろうか?(笑)もしかすると、あの物体を焼いた(?)時に出る煙の密度が空気よりかなり小さいために肺に満たされると声が高くなるのかもしれない。番組ではハーモナイザーで「音声を変えています」的な演出であった。

今回は久々で「ロンドン橋落ちた」の節で響鬼さんの替え歌あり。驚いたのがバイクに乗って現場に駆けつけていた。バンクに乗れるなんて、まるで仮面ライダーみたいだ(笑)。で、やはりバイクといえばディストーション・ギターが定番となるんでしょうな。

プールサイドで轟鬼さんの知り合いであるらしい新しい若者登場。『パダヤッパ』ばりの効果音入り敬礼が見られた(笑)。そういえば室内プールでは香須実さんn水着姿が拝めたのが眼福。

ところで前回のドロタボウも今回の河童も分裂して増えていたが、最近はプラナリアみたいな増え方をするのがトレンドなのだろうか?昔『プラナリアの伝説』なんていう映画があったような気もする(多分記憶違い)。

|

« ヴァレーズ『イオニザシオン/アメリカ/アルカナ/砂漠』 | Main | 夏に聴く曲 »

Comments

プラナリア・・・おぼえてますー、ちょんぎると死なないで、目が出来て一匹が二匹に増える・・。子どものころ読んだ科学の本に出てました。挿絵が手抜きぽくってプラナリア君が一反木綿のような奴でした。

「夏の大サービスだねえ」とおっとが目を細めるプールのシーン。ええ、私もいい目の保養になりましたとも。とどろきはほんっとに可愛い奴ですね。お弁当のつくりがいがありそうな食べっぷりございます。

保育園も夏本番です。汗まみれの子どもと保育士が、プールで涼んでおります。夏祭りに向けて、太鼓の練習も始まりました。おやつにかぶりつくスイカがおいしいこと!

「夏に聴く曲」におりがみは「輝」を入れたいと思います。夏祭りのBGMに絶対使うぞッと思っております。

Posted by: おりがみ | July 27, 2005 at 09:55

>おりがみさま

スイカがおいしい季節ですね^^。

私は理科の教科書で見ましたが、その挿絵も手抜きぽくって、まさしく一反木綿のようなプラナリアでしたよ(笑)。

トドロキくんはもうイジラレ専門のキャラクターになってますが、あの食べっぷりは見事です。私はあそこまでは食べませんが、親父が食べることに興味がないので、実家に帰ると料理好きの母親が喜びます。

保育園も夏本番ですか。暑さに負けず、いい夏をお過ごしください。

Posted by: サンタパパ | July 29, 2005 at 00:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/5136415

Listed below are links to weblogs that reference 仮面ライダー 響鬼 二十五之巻 「走る紺碧」:

» 仮面ライダー響鬼(ヒビキ) 二十五之巻 「走る紺碧」 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
( つ´∀`)∩(´∀`∩)( つ´∀`)∩ワッショイ、ワッショイ!水着祭りだ、ワッショイ、ワッショイ!! マジレンジャーで、麗ちゃん、ナイ&メアのミニスカ忍者ルック、響鬼で水着祭りでもう、オナカいっぱい!! 香須実姉さんは、ナイスなオカラダ。短パンヌギヌ... [Read More]

Tracked on July 27, 2005 at 09:06

« ヴァレーズ『イオニザシオン/アメリカ/アルカナ/砂漠』 | Main | 夏に聴く曲 »