« 武満徹『フロム・ミー・フローズ・ホワット・ユー・コール・タイム』 | Main | 仮面ライダー 響鬼 二十三之巻 「鍛える夏」 »

July 09, 2005

仮面ライダー 響鬼 二十二之巻 「化ける繭」

ぬおおおおっ!前回は3人揃い踏みセッションなぞあったというのに、あまりの多忙にて更新できずにいて無念残念。ということで、明日朝の番組に追い抜かれないうちに手短に(苦笑)。

なんと言っても今回は、響鬼、威吹鬼、轟鬼の3人によるセッション風キメラ魔化魍退治。和太鼓+トランペット+エレクトリック・ギターという一風変わった組み合わせで、「共鳴させるんだ」と言ってる割にはそれぞれ勝手にやっていて、あまり共鳴はしていなかったような(笑)。アクティブな『ビッチェス・ブリュー』といった感じにも思えた(笑)。3人並んだ姿は見ごたえがあったが。

前半、威吹鬼さんの戦いで、「じゃまだ、消えろ!」と言ったあたりは、日頃おとなしい人間を怒らせたらいけないと思わせるところあり。轟鬼さんがあきらくんを介抱しながら「烈雷を持っててください」と言われて、「はい」と素直ところが素だったりするが(笑)。

で、次回は「鍛える夏」ですな。


|

« 武満徹『フロム・ミー・フローズ・ホワット・ユー・コール・タイム』 | Main | 仮面ライダー 響鬼 二十三之巻 「鍛える夏」 »

Comments

3人して、てんでにマイメロディを奏でていたので、魔化魍はその不協和音に耐え切れずに爆死したんじゃないかと。
ぼくもアレを耳元でやられたら死ぬと思います(笑)

番組後期ではぜひ、同じ曲を合奏してほしいものですが…

Posted by: 猫パンチ | July 10, 2005 at 02:35

保育園で、楽器を配った時必ず子どもにいうことがあります。

「お耳のそばで大きな音を鳴らさないでね」
「お耳の中のこびとさんがビックリして、音を聞こえなくしちゃうかもしれないからね」

こう言ってもやる子がいますが・・。ラッパ、太鼓、ギター、いっぺんに鳴らされたらたまらないです。

三人の鬼が一仕事終えて帰ってゆくのが、かっこよかったです。で、着替えの順番はどうするのかとか、なんか違う方向にいってしまったおりがみでしたー。(ぽっ)

Posted by: おりがみ | July 10, 2005 at 18:58

>猫パンチさま

やっぱりアレは不協和音に耐え切れずに爆死したんでしょうね(爆笑)。「やめろ~!やめてくれ~!」って(^^;。

番組後期ではだんだんアンサンブルができてくるようになるというのが、この番組の大きなテーマなのかもしれません(笑)。もっと楽器が増えてかってがってにやってたら収拾がつきませんけど(^^;。

Posted by: サンタパパ | July 19, 2005 at 23:49

>おりがみさま

子供の時分は取り返しのつかないことというのがよく判らなかったりするので、そういうのは大事ですよね。

なんか一仕事終わってからの会話が、なんともいえなかったですよね(笑)。鬼の忘年会もああいう雰囲気でやるんでしょうね。酔って変身してご近所に迷惑をかけないかと心配ですけど(笑)。

Posted by: サンタパパ | July 19, 2005 at 23:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/4897471

Listed below are links to weblogs that reference 仮面ライダー 響鬼 二十二之巻 「化ける繭」:

« 武満徹『フロム・ミー・フローズ・ホワット・ユー・コール・タイム』 | Main | 仮面ライダー 響鬼 二十三之巻 「鍛える夏」 »