« 夏に聴く曲 | Main | 『YES COMPLETE DELUXE EDITION』 »

July 26, 2005

『インドカレー屋のBGM』

私自身はカレーはきらいでもなければ、人一倍好きな訳でもない。20年来の友人のドラマーは、キレンジャーが好きというぐらい、つとにカレー好きで通ってはいるが(笑)。エスビー食品の「スパイス&ハ-ブ研究所」調べによれば、「農水省や缶詰協会の統計から計算すると、日本人は一年に約66回カレーを食べて」いることになるそうだ。ということで、「インドカレー屋で流れている謎の音楽はこれだった!」と帯になるCDの登場。

先日CD店で見つけてつい買ってしまったCD。「一人前/10曲入り」、「インド度がさらにアップしました インド度 5」と書かれたジャケット、帯と解説書とCD印刷面にしつこいぐらいに書かれた「can not eat do not try/この商品は音楽CDです。熱湯や電子レンジで温めたり、食べたりしないでください」という文章、これに惹かれたのも確かである。

私はインド音楽にはあまり詳しくないし、インド映画についても10本ぐらいしか見ていないので、日本人の一般的な知識しか持ち合わせていない。インドも広いだろうから、おそらくインドの中の音楽でもインドインドしているものが入っているのであろう。収録曲は以下の通り。

1. Rang rang
2. Bheegi bheegi
3. Loot gaye
4. Hothon pe aisi baat
5. Sama hai suhana
6. Jahan teri nazar
7. Chalte chalte
8. Jadoo teri nazar
9. Aankhen bhi
10. Laila laila

解説書(なぜか、特別ロング対談:大槻ケンヂ×宮沢章夫「カレーの魅力について」が6ページにわたってある)の最後によると、「一言で言えば、インドカレー屋さんで流れているBGMは"Bollyeood music"なのです」とあるから、マサラ・ムービーなどで使われている曲が主なものなんであろう。

とりあえず論より証拠ということで、レトルトカレーを食べながらCDを聴いてみた。

う~ん、そこはかとなくインド・ムードなのは確かだ。普段、松屋で290円普通盛りのカレーしか食していないので、実はインドカレー屋さんではどういう雰囲気かということ事態を知らない。よって比較のしようがないのが、私の欠点といえば欠点である。ただ松屋では普段誰かしらが安く引き受けたであろう有線のヒット曲のMIDI打込みなので、それに比べれば例えようのないぐらいインドに近づいていることは確かである。それに松屋のメニューはカレーだけじゃないし(苦笑)。

ということで心もとないレビューではあるが、実用的といえば実用的なのだろう(笑)。


公式サイト


インドカレー屋のBGM
インドカレー屋のBGM


ちなみに昔読んだ、カレーについて書かれた本。

カレーライスと日本人
カレーライスと日本人

|

« 夏に聴く曲 | Main | 『YES COMPLETE DELUXE EDITION』 »

Comments

カレーの歌といえば、「おかあさんといっしょ」の中の「ハヒフホカレー」というお歌。じゃじゃ丸さんが歌ってましたね。

花のない国、うたのない国
おもちゃのない国、友達ない国
そんな国はごめんだけれど
カレーのない国 もっとごめーんー♪

という激しい歌詞の歌です。

あと、峯陽さんの名作「カレーライスの歌」

にんじん、たまーねぎ・・・

これらは全てインドカレーを無視しているなあ・・・おかーさんの作ったカレーを食べるときの歌なんだろうなあ。

うちのおこたちは「カレーか、おかあさん、今日は職員会議でいないんだね?」という境遇に育ててしまって・・・。トホホ・・。

Posted by: おりがみ | July 28, 2005 at 21:47

>おりがみさま

「ハヒフホカレー」は知らないです。カレーのない国は、カレー好きの私の友人のドラマーはいやでしょうね(笑)。

カレーライスやラーメンやトンカツは「日本料理」ですからね。かくいう私も本文にあるように本格印度カレーはめったに食しません。

カレーは確かに留守時にも便利ですが、なんだかんだ言って好きじゃありません?また、家庭のカレーは2日目がおいしいんですよね。

Posted by: サンタパパ | July 29, 2005 at 00:52

ジャケの印度人が恐ろしすぎます(笑)

10年以上前、インド好きの友人から、日本の歌謡曲をヒンディー語(インドの言語)でカバーしたアルバムというのをテープにとってもらったんですが、聴いててそんなに違和感はありませんでした。
ベタな演歌中心の選曲だったんですが、親和性の高さにびっくりしたものでした。

インドカレー屋、そういえばほとんど行ったことないですねぇ。カレーは家で食うものという認識なので、レトルトか自作ばかりです。

Posted by: 猫パンチ | July 29, 2005 at 11:01

インドカレーのお店、いったことあったです。
渋谷のえーと・・・デリー?だったかガンジーだったか?ランチと、ヨーグルトドリンク!!なんかとっても不思議な味。
あと、横浜の中華街の近く、やはりヒンズーだったかタージだったか?(もうテキトーすぎ)こっちはタンドリーチキンとグリーンカレーが辛くてハヒハヒ。でも、おいしかったあ。

どうやらカレーで記事が書けそうです。食いしん坊だなあ私。

Posted by: おりがみ | July 29, 2005 at 16:16

辛いものをやたら欲しがる人は相当ストレスがたまっていると言いますが(例:タバスコ一気飲みしていたらしき全盛期後期の中森明菜)、私の友人にもそういう人がいました。その人と出かけるとかならずインドカレーかトルコ料理。彼女に言わせると日本式カレーは辛さが乏しくクソだと。トルコ料理は辛さはまあまあですが、ニンニクが強い。だから彼女は常にニンニク臭を漂わせていました^^;。
おかげでインドカレーとトルコ料理は大好きになったのですが、彼女とはなんとなく疎遠になりました。今もインドか、タイカレー、トルコ料理のローテーションなのだろうかとたまに思い起こしたりします^^;。

そういえばインドカレー屋さんはボリウッド音楽かかってますね。働いてる人もたいがいインド人。日本ずれしてる人はいいんですが、滞日日数の浅めの人は怖い感じの人が多いです。

Posted by: kawahara | July 29, 2005 at 17:49

>猫パンチさま

あのジャケット写真は我々が抱く「アサシン」のイメージに近いような(苦笑)。なんかでも昔の印度カレーの箱のイラストってあんな感じだったように思います(笑)。

インド音楽も詳しくはありませんがそこそこ聴きますが、特に映画の曲なんかは楽器の編成を別にすればかなりポップですよね。東~東南~南アジアあたりでは、メロディの哀愁など、通じるものが多々あるみたいです。

Posted by: サンタパパ | July 29, 2005 at 22:51

>おりがみさま

そういえばインドといえばヨーグルト(ラッシーとか言うんですっけ?犬の名前みたいな)、タンドリー・チキン、ナンがありますよね。

私も隠れ食いしん坊ですので、ぜひともおりがみさまのカレーの記事を、いつか読んでみたいです。あ、よだれが出てきた(^^;。

Posted by: サンタパパ | July 29, 2005 at 22:53

>kawaharaさま

明菜ちゃん、ファンでした(←誰も訊いていない(^^;)。

辛いのをやたら好む人っていますよね。一時期、「○○倍カレー」とかが流行っていたみたいですし。私は舌がバカになるのがいやですし全般に和食も薄い味を好む方なので、やたら辛いのは苦手です。普通の辛口カレー程度は大丈夫ですが。

ちなみにニンニクとかニラは相当の大好物ですので、仏門には入れません(笑)。

ソックスの男性ボーカルのアニー速人は甘口のカレーも苦手でニンニクもだめです。ちなみに朝どころか昼もだめな超夜型なので、うっかり十字架や銀の弾丸を見せないように気をつけています(笑)。

滞日日数の浅めの人は怖い感じの人が多いですか?(笑) 日本の何が彼らを柔和にさせているのか、興味があるところです(笑)。

Posted by: サンタパパ | July 29, 2005 at 23:00

あぁ、これを聞きながらカレーを食べると家にいながらインドの空気を肌に感じることができるのでしょうか。ジャケもステキで欲しくなってしまいました。

インドにはそこはかとなく惹かれるものがあります。インドの神様って面白いし、カラフルなので部屋に何枚か絵葉書があります。
んでもって美人が多くて、子供がかわいい!
死ぬまでに絶対行かなきゃ!と思ってます。

Posted by: めけ。 | November 08, 2005 at 05:36

>めけ。さま

私基準ですが、充分家にいながらインドの空気を肌に感じることができます(笑)。香なんか焚いて「ナマステ御免」なんて言うとモア・ベターです。

インドの神ってなんか謎ですよね。神話は結構面白いのですが、あの絵が谷岡ヤスジを思い出させて(←不謹慎)。

インド映画も好きですが、すんごい美人が多いです。男優がなぜかおっさん(笑)。インドに行きたくなりました(笑)。

Posted by: サンタパパ | November 10, 2005 at 23:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/5153697

Listed below are links to weblogs that reference 『インドカレー屋のBGM』:

« 夏に聴く曲 | Main | 『YES COMPLETE DELUXE EDITION』 »