« 斬新豆腐屋家業 | Main | ビクトル・ハラについて少し »

September 12, 2005

『うなぎのじゅもん』

斬新豆腐屋家業で面白い商品のイメージソングを紹介したが、最近気になっていた面白い商品のイメージソングをひとつ。浜松の春花堂のうなぎパイのイメージソング、『うなぎのじゅもん』だ。

「うなぎのじゅもん」公式サイト


この『うなぎのじゅもん』、7月にリリースされたらしいが、歌がなんと小椋佳。歌詞は別として曲をぼんやり聴いてると、ある程度の年配の人には青春テレビドラマとして中村雅俊あたりがまぶたに浮かびそうである。で、この歌にはサイトで視聴できるようにアルザという2人組の女性による「うなぎのじゅもん」体操の振り付けがついている。この振り付けと歌詞に対する小椋佳の曲と声のミスマッチが個人的には大変ウケた。しかもリズムボックスの音がまるで、オーケストラ・マヌバース・イン・ザ・ダークの「エノラゲイの悲劇」か、デヴィット・ボウイ&パット・メセニー・グループの「This is not America」である。一度ご視聴あれ。

ちなみに春花堂うなぎパイに関する質問集も面白い。


Q うなぎパイの夜のお菓子ってどういう意味なの?
A 夜のお菓子とは家族団らんのひとときに召し上がってもらいたいという意味です。 (中略)ただ、実際には違う解釈もして買っていく方も多いようです。

Q あのロゴマークの配色って何をイメージしているの?
A 実はマムシドリンクのカラー(赤・黄色)を参考にしたんです。 「夜の菓子」のコピーを勘違いしてお買い求めなる方が多かったため、いっそのことならと・・・当時の「マムシドリンク」のカラー配色を参考にパッケージをしたところ、コレが大当たり!爆発的売上のきっかけとなりました。


人間、開き直りも大事なようである。


|

« 斬新豆腐屋家業 | Main | ビクトル・ハラについて少し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/5900188

Listed below are links to weblogs that reference 『うなぎのじゅもん』:

« 斬新豆腐屋家業 | Main | ビクトル・ハラについて少し »