« お目覚め音楽 | Main | 阿妹(張惠妹) in 第二回日中友好歌謡祭 »

October 26, 2005

吉松隆『ギター協奏曲 天馬効果』

テレビアニメの『アストロボーイ-鉄腕アトム』の音楽なども手がけ、現代音楽作曲家の中でも特にメロディを重視する吉松隆が、1984年、初の協奏曲として山下和仁のために書いたのが『ギター協奏曲 天馬効果』。吉松隆の代表曲のひとつでもあり、評判の高い傑作である。

昔ながらの協奏曲の形式と同じく、全体は3楽章からなっている。

第1楽章 BIRD:歪んだルネサンス風の歌と鳥たちのさえずりが浮遊する疑似ソナタ形式のアレグロ
第2楽章 FLOWER:優しき風と淡い光の漂うノスタルジックな夢への讃歌
第3楽章 WIND:迷宮からの脱出。あるいは世紀末を走り抜ける少年たちによせるプレスト

現代音楽における美しさとかっこよさの集大成のような曲で、初めて聴いた時にもぐいぐいと惹きこまれた曲だ。山下和仁のために書かれただけあって、彼のギターが自在に動き回るのが気持ちよい。打楽器好きには、第3楽章はわくわくするような打楽器が入ってくる場面もある。もっと人口に膾炙してもいい曲だと思う。


吉松隆『ギター協奏曲 天馬効果』


|

« お目覚め音楽 | Main | 阿妹(張惠妹) in 第二回日中友好歌謡祭 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/6644495

Listed below are links to weblogs that reference 吉松隆『ギター協奏曲 天馬効果』:

« お目覚め音楽 | Main | 阿妹(張惠妹) in 第二回日中友好歌謡祭 »