« 阪神タイガース リーグ優勝! | Main | お目覚め音楽 »

October 17, 2005

仮面ライダー 響鬼 その後

もはや周回遅れではないぐらい間隔が空いてしまっているが、最初は多忙なもので書き貯めていた。ところが、第30話になってから、番組の雰囲気がガラッと変わってしまったのだ。私的な感想だと、脚本が下手になって、人物のキャラクターが変わってしまった感じ。私には見ていてなんか面白くないのでだんだん見なくなってしまった。

どうも製作スタッフが変わってしまったらしい。残念な話ではある。


|

« 阪神タイガース リーグ優勝! | Main | お目覚め音楽 »

Comments

そうだったんですか。うちもHDDを機に録画してここ数回観たんですけれどなんか?みたいな感じなんで。
ぐぐるとあちこちでエントリがたっていますね。
うちも立ててしまいました。TB頂きます。

Posted by: tonbori | October 18, 2005 at 00:47

あの思わせぶりな(だけの)転校生はいらんよって感じで見てます。
ザンキさんのキャラが変わってしまったのが、個人的にはいちばん痛いですな。
このままボロボロ崩れていけば、その崩れ具合によっては楽しめるかもしれませんが……とりあえず様子見です。

Posted by: 猫パンチ | October 19, 2005 at 14:42

こちらではお久しぶりです!!
響さん、最初の頃は「保育園児のこどもがついてこれるのかな?」と心配してましたが、ちゃんとついてきてました。むしろ「新装開店版」になってからが「つまんない」っていうのです。あの、怪奇っぽい、黒っぽいイメージがうがうけていたという・・・。高校生活に重きをおいたのはこどもにとっては生臭すぎて難しすぎたんではないでしょうか?


こうなったら、「鬼の忘年会」でも楽しみにして、見ていこうかと・・・。

Posted by: おりがみ | October 19, 2005 at 16:14

響鬼にはいろいろ思うところがあったので、TB送らせていただきました。

本編はどうもこのままの路線で行くようですし、今後はヘンな番組として見守っていこうと思います(笑)

Posted by: 猫パンチ | October 24, 2005 at 23:37

>tonboriさま

そうなんですよ。最初はそういうスタッフ交代などを知らずに録画したものを見たところ、明らかに極端に30話から脚本が下手になっているので「あれあれ?」と思って、スタッフの交代と聞いて納得がいきました。今の番組は正直、私はあまり面白くないので見なくなってしまいました。残念です。

エントリーのトラックバック、ありがとうございました。

Posted by: サンタパパ | October 25, 2005 at 00:01

>猫パンチさま

思わせぶりな(だけの)転校生。別の意味(なんのために出したのかという意味)で謎の転校生です(苦笑)。しかも、明日夢君としゃべると演技力の差が出てしまうのがちょっとつらいのでは(^^;。

ザンキさんを始めとして、「ああいう人ではなかった」と思う場面が頻繁に出るのも、ちょっとつらいです。人格に整合性がないのは
脚本家としてどうかと(^^;。

エントリーのトラックバック、ありがとうございました。さすがは師匠。師匠は転んでないのにただでは起きないですな(笑)。

Posted by: サンタパパ | October 25, 2005 at 00:05

>おりがみさま

もしかすると、主要ターゲットである子供たちはこっちの方がいいのかなと半信半疑で思いましたが、そうですか(^^;。響鬼は別にしても、私が子供の頃に見て心に残っている番組は、子供向けにアレンジしてもツッコミどころが豊富でも、根底や脚本はしっかりしていたように思います。それと私の場合はやはり富田勲の「ジャングル大帝」、「リボンの騎士」、「マイティ・ジャック」、「キャプテン・ウルトラ」などを聴けたのは大きいですね。

私も、「鬼の忘年会」を楽しみにするとしましょうか(笑)。

Posted by: サンタパパ | October 25, 2005 at 00:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53033/6448609

Listed below are links to weblogs that reference 仮面ライダー 響鬼 その後:

» 仮面ライダー響鬼を見たが・・・・・ [web-tonbori堂ブログ]
HDDレコーダー導入を機に録画して観たんだけれど、なんか以前ちょっと観た感じのと違うような???santapapaさんが別館でエントリをあげておられるのを読んだときの感じとも違うし? と思ったらそのsantapapaさんの「だがっき」と「おと」の庵のエントリで『仮面ライダー響鬼 その後』でスタッフが変わったということらしい。 肝である音撃棒というバチをつかわず剣みたいな武器にコッドボイスを発射していたもんな。 しかも変身忍者「嵐」みたいなのが出てきてなおかつなんかモモレンジャーみたいな仮面ライ... [Read More]

Tracked on October 18, 2005 at 00:45

» 哀悼・仮面ライダー響鬼◇「大人」が消えて。 [社会の窓からこんにちわ]
仮面ライダー響鬼 VOL.1 『仮面ライダー響鬼』は、近年の特撮番組や映画の中でも抜きん出た良作だった。 物語の語り手に16歳の少年を据えたことや、ライダーに変身する人物が30歳という大人であることなどからも推測できるように、この番組の狙いは「子供に対する大人のあり方」というようなところにあったんじゃないかと思う。 子供が憧れるような大人をまず描き、子供に対しては、じゃあそうなるにはどうすればいいのかと問いかける番組であり、また同時に、大人に対しては、子供が目指すに足る大人... [Read More]

Tracked on October 24, 2005 at 22:05

« 阪神タイガース リーグ優勝! | Main | お目覚め音楽 »