November 17, 2005

Roland SPD-6

spd6
電子パッド、紹介シリーズの第2弾。

Continue reading "Roland SPD-6"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2005

Roland SPD-20

spd20
以前、「シンセサイザー・クロニクル」で、使用シンセサイザーの変遷と歴史について触れたが、その時に「なお電子パッドについては打楽器紹介あたりで取り上げたいと思うので、稿を改めて。」と書いた。そこで少しずつ電子パッドについても触れたいと思う。

Continue reading "Roland SPD-20"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2005

センセロ・バホ Cencero Bajo

cencero_bajo
テインバレスにつけるカウベルのうち、低い音のものでサルサでは極めて使用頻度の高いもの。Cenceroはこの手のカウベルで、Bajoはベース=低いというスペイン語。マンボ・ベルとも呼ばれることがある。

Continue reading "センセロ・バホ Cencero Bajo"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2005

ハンド・ドラム Hand drum

hdrum

一般的には手持ちで使う多くは単膜の打楽器。ジングルのないタンバリンやパンディエロみたいなもの。物によっては持ち易いように柄がついている。

Continue reading "ハンド・ドラム Hand drum"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2005

カンパーナ campana

campana
俗に言うハンド・カウベル。アタッチメントで取り付けて叩くカウベルではなく、手で持って叩く方のカウベルである。サルサでは通常ボンゴ奏者が盛り上がるコロ=カンタの部分などで叩くことが多い。「カンパーナ」という曲もあったりする。

Continue reading "カンパーナ campana"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 22, 2005

ギロ guiro

guiro
元はひょうたんや木にに洗濯板状の溝を彫り、それをバチで擦ることによって音を出すようにした楽器。こする速さで音の長さを変えて、リズムの変化を出す。

Continue reading "ギロ guiro"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 04, 2005

鳴子

naruko
元は田畑に吊して風が吹くと音が鳴るようにして、鳥や獣を追い払うためのもの。ししおどしなども同じ役目をしていた。

Continue reading "鳴子"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 02, 2005

ノッカー Knocker

knocker
振るとカタカタという楽器。洋風鳴子と言えばいいだろうか。一定した名前はないようで、ノッカーとかLPではウッドペッカー(Woodpecker)とかいう名前がつけられている。ウッドペッカーとはキツツキの意味で、古い世代にはUSAのアニメーション・キャラクターのキツツキを思い出したりするのだが(笑)。

Continue reading "ノッカー Knocker"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 31, 2005

鈴 Sleigh Bell

bell
ある意味、サンタパパにとって最も大事なパーカッション。Sleighとはそりのことで、文字通りサンタクロースの鈴のことを指す。

Continue reading "鈴 Sleigh Bell"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 08, 2005

オーシャンドラム Oceandrum

ocendrum
レインメーカーが出てきたからには今度は波の音。

Continue reading "オーシャンドラム Oceandrum"

| | Comments (2) | TrackBack (0)