March 13, 2006

『Touch the Sound そこにある音』

東京では4/11(土)に公開になった、世界的なパーカッション・プレイヤーであるエヴリン・グレニーのを1年間追ったドキュメント映画。音と音楽が好きな人すべてにお薦めしたいすばらしい音楽ドキュメント・フィルムだと思う。

Continue reading "『Touch the Sound そこにある音』"

| | Comments (3) | TrackBack (4)

August 10, 2005

風鈴

ひらがなで書くと「ふうりん」。その柔らかさに情緒がある。言葉を聞くだけで涼風を感じるように思うのは、それまでに積み上げられた風鈴から受ける印象が刷り込まれているからであろうか。

Continue reading "風鈴"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2005

『日本人を<半分>降りる』

「戦う大学教授」の異名をとる中島義道が2001年に出した『騒音文化論』に大幅な加筆・修正を施したもの。表紙がホイッスルの大写しで、6月にちくま文庫から出た。

Continue reading "『日本人を<半分>降りる』"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 26, 2005

鶯張り

ウグイスの鳴き声の話題からの関連で、鶯張りの話。

Continue reading "鶯張り"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 25, 2005

鳴くよウグイス平安京

春一番も吹き、三寒四温の日々が続いている。春遠からじといった様相が少し見えてきた気もしなくない。春告鳥と書いて「はるつげどり」と読む。ウグイスの別名だ。

ウグイスが「ホーホケキョ」と鳴くのは春だけ?

Continue reading "鳴くよウグイス平安京"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 15, 2005

切り火

kiribi
一昨日のエントリーから派生したエントリーだが、いずれ触れようとしていた話題でもある。時代劇などで見かけたこともあると思うが、出がけに安全祈願のおまじないに火打石を打ちつけて火花を出す行為を「切り火」という。

Continue reading "切り火"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 14, 2005

反響 echo

昨日のエントリーでやまびこについて軽く触れたが、音の反響という現象が山でおこったものがやまびこである。

Continue reading "反響 echo"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 13, 2005

擬音装置

名前と文字の持つ意味からすると効果音を出すための装置と思われそうだが、どっこいある場所で1つの用途のために使われる装置の総称となっている。その場所というのがトイレだったりするのだが。

Continue reading "擬音装置"

| | Comments (6) | TrackBack (1)

December 18, 2004

かみでっぽう

日本の伝統文化であるおりがみ。昔からのスタンダードな折り方のひとつで音が出る代表的なおりがみが「かみでっぽう」である。

Continue reading "かみでっぽう"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 19, 2004

グラス・ハーモニカ  glass harmonica

gh.jpg
例年通りボジョレー・ヌーボーが解禁になったとかで、あちらこちらでワインが売り出されていた。「縁起物」には興味がないので買わないでいたが、ボジョレーというとTHE ALAN PARSONS PROJECTの『STEREOTOMY』に収められている「BEAUJOLAIS」を思い出して聴きながらついつい安ワインを・・・・・・。

Continue reading "グラス・ハーモニカ  glass harmonica"

| | Comments (2) | TrackBack (0)