September 09, 2005

『イエロー・マジック・オーケストラ』イエロー・マジック・オーケストラ

かつて一世を風靡したイエロー・マジック・オーケストラが1978年に出したデビュー・アルバム。

Continue reading "『イエロー・マジック・オーケストラ』イエロー・マジック・オーケストラ"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 06, 2005

『惑星』冨田勲

このシリーズで冨田勲について書くのは『月の光~ドビッシーによるメルヘンの世界』に続いて2度目になるが、このアルバムについてはどうしても触れておかないといけないだろう。

Continue reading "『惑星』冨田勲"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2005

『幻想惑星』ジャン・ミッシェル・ジャール

フランスのシンセサイザー奏者、ジャン・ミッシェル・ジャールによる多重録音による1976年に出たデビュー・アルバム。原題は『Oxygene』。

Continue reading "『幻想惑星』ジャン・ミッシェル・ジャール"

| | Comments (6) | TrackBack (1)

September 01, 2005

『フェードラ』タンジェリン・ドリーム

クラフトワークと並ぶドイツのシンセサイザーの草分けのグループがタンジェリン・ドリーム。1974年当時、新興レーベルであったUKヴァージンから出したアルバムがこの『フェードラ』で、世界的にタンジェリン・ドリームの名を知らしめた。

Continue reading "『フェードラ』タンジェリン・ドリーム"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2005

『クラフトワーク』クラフトワーク

ドイツのラルフ・ヒュッターとフローリアン・シュナイダー=エスレーベンのコンビが作った電子音楽実験グループの1枚目のアルバム。ドイツ語で「発電所」を表すKRAFTWERKという名前でクラフトヴェルクと言う読みに近いらしい。所謂テクノ・ポップと呼ばれる音楽の源流にあたる。

Continue reading "『クラフトワーク』クラフトワーク"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2005

『イエスソングス』イエス

プログレッシブ・ロック・バンドの雄として活躍したイエスの、全盛期である1972年の全米ツアーでの演奏を収録した驚異のライブ・アルバム。ちょうどドラムがビル・ブラッフォードからアラン・ホワイトに変わった時期の演奏。レコード発売時は3枚組のライブ・アルバムだったように記憶している。

Continue reading "『イエスソングス』イエス"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2005

『展覧会の絵』エマーソン・レイク&パーマー

ロック・キーボード・プレイヤーとして70年代を席巻したキース・エマ-ソンのトリオ編成によるプログレッシブ・ロック・バンド、エマーソン・レイク&パーマーの代表的なアルバム。

Continue reading "『展覧会の絵』エマーソン・レイク&パーマー"

| | Comments (4) | TrackBack (1)

August 25, 2005

『月の光~ドビッシーによるメルヘンの世界』冨田勲

USAのRCAレッドシールで1974年に発売された、冨田勲のフル・シンセサイザー・アルバム。この1枚が世界を変えたと言っても過言ではないだろう。

Continue reading "『月の光~ドビッシーによるメルヘンの世界』冨田勲"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2005

『スイッチト・オン・バッハ』ワルター・カーロス

モーグ博士に追悼の意を表してモーグ・シンセサイザーの特集を。まずは、パッチ式のモーグ・シンセサイザーを駆使してワルター・カーロスが1968年に多重録音で作った、シンセサイザーの歴史の上で画期的なアルバム。

Continue reading "『スイッチト・オン・バッハ』ワルター・カーロス"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 16, 2005

コンパクト・エフェクター Stompbox

belltoneさまのblogに、BEHRINGERのアタッチメントががROLANDに意匠が似すぎているということで訴えられたというエントリーがあった。なるほど、ストンプ・ボックス式のものはどうしてもデザインの差別化はなかなか難しいにしても、確かに酷似している。

Continue reading "コンパクト・エフェクター Stompbox"

| | Comments (2) | TrackBack (1)